【iPhone】自分が使っているアプリを相手に共有する(教える)方法

【iPhone】自分が使っているアプリを相手に共有する(教える)方法

特定のiPhoneアプリを友達や家族のiPhoneにインストールしてもらいたいとき、アプリ名を教えるだけだと相手がApp Storeであらためてアプリを検索する必要があり、一手間かかってしまいます。

そこで本記事では、App StoreのURLをLINEやTwitter、メールなどで簡単に共有する(送る)方法を紹介します。

ホーム画面からアプリを相手に教える方法

ホーム画面で相手に共有したいアプリを長押しして[Appを共有]を選択することで、相手にApp StoreのURLを手軽に共有できます。共有するツールには、AirDrop、LINE、メッセージ、メール、Twitterなどがあります。

AirDrop(エアドロップ)の使い方──写真・動画などを送受信する方法【iPhone/Mac】

1ホーム画面で共有したいアプリを長押しする

【iPhone】ホーム画面からアプリを共有する

相手に共有したいアプリをホーム画面に表示し、アプリアイコンを長押しします。

2クイックアクションで「Appを共有」を選択する

【iPhone】ホーム画面からアプリを共有する

クイックアクションが表示されたら、[Appを共有]を選択します。

3シェアシートから共有する(完了)

【iPhone】ホーム画面からアプリを共有する 【iPhone】ホーム画面からアプリを共有する

左:共有するツールを選択右:LINEの場合、共有したい相手が表示されなければ[もっと見る]をタップ

LINEやTwitter、Facebook、メール、メッセージ、AirDropなど、好きなツールを使って相手にApp StoreのURLを送信できます。

【iPhone】ホーム画面からアプリを共有する

たとえばLINEで共有すると、このようにアイコンの画像とURLが送信されます。URLをタップすれば当該アプリのApp Storeにアクセスできます。

App Storeからアプリを相手に教える方法

ホーム画面から共有する方法のほかにも、App Storeで共有したいアプリのページを開き、そこから共有する手段もあります。

1「App Store」起動する

App Store

ホーム画面にある「App Store」アプリをタップします。

2アプリページで共有ボタンをタップする

【iPhone】App Storeからアプリを共有する

App Storeが起動したら、アプリ名で検索するなどして共有したいアプリのページを開き、右上の共有ボタンをタップします。

このとき、共有するアプリは自分がインストールしているアプリでなくてもOKです。

3シェアシートから共有する(完了)

【iPhone】App Storeからアプリを共有する

LINEやTwitter、Facebook、メール、メッセージ、AirDropなど、好きなツールを使って相手にApp StoreのURLを送信できます。

【iPhone】App Storeからアプリを共有する 【iPhone】App Storeからアプリを共有する

左:ツイートの投稿画面右:実際の投稿

たとえばTwitterに投稿すると、このようにツイートされます。URLまたはリンクカードをタップすれば、当該アプリのApp Storeにアクセスできます。

検証端末:iPhone XR、iPhone SE 第2世代(いずれもiOS 13.5)

EDITED BY AO