【インスタグラム】投稿に適した写真のサイズとは? 余白を利用した投稿テクも

【インスタグラム】フィード投稿に適した写真のサイズとは?余白を利用した投稿方法も

インスタグラムで写真・画像を投稿しようとしたら縦横のサイズが合わず、収まりの悪い状態で自動的にカットされてしまうことがあります。

本記事では、Instagramの投稿に最適な画像のサイズと、縦横の幅がオーバーしてもカットせずきれいに投稿する方法について解説します。また、あえて”余白”をもたせた写真を投稿する方法や、複数画像を1枚にコラージュするアプリも紹介します。

インスタのフィードにきれいに収まる写真・画像のサイズとは?

インスタグラムのフィードにきれいに収まる写真・画像のサイズとは?

インスタグラムのフィード投稿は正方形で表示されます。そのため、もともと正方形である画像は、余すところなくピッタリ収まった状態で投稿できます。

しかし、縦と横の長さが等しくない写真や画像を投稿しようとすると、正方形に合わせてサイズがトリミングされてしまい、全体が切れてしまったり、中途半端に拡大・縮小されてしまったりすることがあるのです。

フィード投稿にきれいに収まる写真・画像のサイズ
  • 正方形
  • タテ:ヨコ=5:4(縦長画像)
  • タテ:ヨコ=1:1.91(横長画像)

上の3パターンであれば、写真・画像はフィード投稿にすっぽり収まるようになっています。

投稿時のサイズ調整ボタンを使って写真を拡大・縮小できる

前述したように、フィード投稿で写真・画像の全体が収まるサイズは3パターンです。そうは言っても、縦横の長さが異なる画像が「5:4」あるいは「1:1.91」に当てはまるのかどうかの判断は難しいでしょう。

そこで便利なのが、投稿編集画面の「サイズ調整ボタン」です。

インスタグラムのフィードにきれいに収まる写真・画像のサイズとは? インスタグラムのフィードにきれいに収まる写真・画像のサイズとは?

左:サイズ調整前右:調整後

横長の写真を投稿しようとすると、左上のように風景や人が切れた状態で表示されます。

ここで写真左下にあるサイズ調整ボタンをタップしてみると、右上のように「タテ:ヨコ=1:1.91」のサイズに自動調整されます。

インスタグラムのフィードにきれいに収まる写真・画像のサイズとは?

所定サイズに当てはまらない写真・画像は、サイズ調整しても見切れてしまう

ただし、写真や画像が所定の比率に収まらない部分はカットされてしまいます。上の例では、写真右上のピンク色の飾りや、左上・下の部分が収まっていません。

このように写真・画像によっては、サイズ調整をおこなってもうまく正方形内に入らないパターンもあります。そこでアプリ「正方形さん」を使って、事前にサイズをインスタ用にトリミングするのがおすすめです。

iPhoneなら画像編集機能でトリミングができる

iOS端末であれば標準アプリ「写真」から、インスタグラムに投稿する前に画像をトリミングしてサイズを調整しておけます。

iOS端末ならば、画像編集機能でサイズトリミングができる iOS端末ならば、画像編集機能でサイズトリミングができる

「写真」アプリでトリミングしたいものを選択し、右上の[編集]をタップします。画像編集画面に切り替わったら、画面下の調整メニューから回転アイコンを選択してください。

iOS端末ならば、画像編集機能でサイズトリミングができる iOS端末ならば、画像編集機能でサイズトリミングができる

次の画面でサイズ変更ボタンをタップすると、「スクエア」「9:16」「2:3」といった変更可能比率が表示されます。ここでは、インスタグラムの投稿サイズである「スクエア(正方形)」を選んでみます。正方形内の微妙な位置調整は指を使っておこなってください。

トリミングの調整ができたら、右下の[✓]ボタンをタップします。

iOS端末ならば、画像編集機能でサイズトリミングができる

「写真」アプリに正方形へトリミング済みの画像が保存されるので、これをインスタグラムで投稿すればOKです。

アプリ「正方形さん」を使った余白投稿がおすすめ

「正方形さん」は、どんなサイズの画像も正方形内に収めてくれる便利なアプリです。iOS・Androidの両方に対応しています。

アプリ「正方形さん」を使った余白投稿がおすすめ アプリ「正方形さん」を使った余白投稿がおすすめ

アプリを起動したら、左上にある[+]ボタンから端末のアルバムを呼び出し、画像・写真を選択します。画面下のボタンから縦幅に合わせるのか、横幅に合わせるのかなどを選ぶだけで簡単に調整が完了します。

アプリ「正方形さん」を使った余白投稿がおすすめ アプリ「正方形さん」を使った余白投稿がおすすめ

左:「正方形さん」で余白を作る右:同じ余白パターンを投稿し続けたときにプロフィール画面

おすすめは、上下左右に余白を作る加工。チェキで撮影したかのような画像が作成でき、同じ余白パターンで投稿し続けるとプロフィール画面に統一感が出て洗練された印象になるでしょう。

アプリ「正方形さん」を使った余白投稿がおすすめ

サイズ調整後の画像は、[アルバム]から端末に保存可能なのはもちろん、[Instagram]を選べば直接インスタグラムの投稿編集画面へと遷移し、そこからフィードへ投稿が可能です。

アプリ「Layout from Instagram」を使って複数写真をコラージュ投稿

インスタグラム公式の関連アプリ「Layout from Instagram」では、最大9枚の複数写真・画像を組み合わせて1枚の画像が作成できます。

アプリ「レイアウト」を使って、複数写真をコラージュ投稿

コラージュしたい画像を選んだら、画面上部に提案されたレイアウトから好きなデザインを選んでください。

アプリ「レイアウト」を使って、複数写真をコラージュ投稿 アプリ「レイアウト」を使って、複数写真をコラージュ投稿

各画像の位置は、ドラッグしながら動かすと移動が可能です。他にも、拡大縮小や枠線の位置調整などの設定で自分好みのレイアウトが作れるでしょう。

右上の[保存]をタップすると、端末のカメラロールへ保存されます。

検証したInstagramのバージョン:iOS版121.1.0.22.122、Android版121.0.0.29.119

EDITED BY BOTAN