Gmailアプリで署名機能を設定する方法(iPhone/Android)

Gmailアプリで署名機能を設定する方法(iPhone/Android)

Gmailに届いたメールをスマホで返信する際に、署名機能を活用すると手間を省けるので便利です。外出先で仕事上のメールを返信する場合にはとくに重宝するでしょう。

そこで今回は、まだGmailの署名機能を利用したことがないスマホユーザー向けに、iPhoneとAndroidのアプリで署名機能(モバイル署名)を設定する手順を解説します。

スマホにおけるGmailの署名とは(モバイル署名)

Gmailの署名は、送信者の連絡先情報やメッセージなどをまとめた数行のテキストなどのことです。送信するすべてのメッセージの下部に自動で挿入されます。ビジネス用途なら会社名、部署名、名前、会社の住所、会社・部署の電話番号、FAX番号など、連絡先情報を記載するケースが主流でしょう。

「署名あり」のメールなら、受け手側は電話をかけたいときや請求書を郵送したいときなど、メールを確認すればよいので助かります。また、メールを読んでいて「ここで文章は終わり」という認識になるため、ビジネスシーンでは「署名なし」だと違和感を覚えることもあるかもしれません。

Gmail 署名設定 スマホ

スマホから送信するメールには、「モバイル署名」という設定を用いて、Gmailアプリから送信するものにだけ専用の署名を挿入することができます。もしGmailアプリで署名を作成しない場合は、送信メールにはパソコン(PC)で設定したGmailの署名が表示される仕様になっています。

モバイル署名の内容は、入力などの性質上、比較的シンプルなものが向いているといえそうです。凝った署名を利用したい場合には、PC版Gmailで署名を設定し、モバイル署名はオフにするほうがおすすめです(詳しくは下記記事を参照)。

Gmailアプリで署名機能を設定する方法

Gmailアプリで署名を利用する方法(モバイル署名の設定)について、iOSとAndroidでそれぞれ手順を紹介します。

iOS版アプリで署名機能を使う

Gmail  Gmail 

Gmailアプリを開き、メニューボタン[]をタップし、設定ボタン[]をタップします。

Gmail  署名設定 Gmail  署名設定 Gmail  署名設定

「設定」のページに移行したら、表示されている自分のメールアドレスをタップ。次の画面で[署名設定]に進み、[モバイル署名]をONにします。

すると、項目の下に署名入力欄が出現するのでテキストを入力しましょう。記入が終わったら画面左上の[<]で前の画面に戻れば、設定が完了です。

Gmail  署名設定

左の写真は受信した側のメール

設定後は、Gmailアプリからメールを作成したり返信したりする際に、本文に署名が自動で挿入されます。

iOS版アプリでは、メールを送るときには署名は表示されていませんが、送信後のメールを確認すると、署名が文末に記載されているのが分かります。

Android版アプリで署名機能を使う

Gmail 署名設定 Android Gmail 署名設定 Android

Gmailアプリを開き、メニューボタン[]をタップし、下にスクロールして設定ボタン[]をタップします。

Gmail 署名設定 Android

「設定」で署名を追加するアカウントを選択します。

Gmail 署名設定 Android

アカウントを選ぶと、各アカウントの設定画面に移行します。この画面では[モバイル署名]をタップします。

Gmail 署名設定 Android

署名として表示したい情報を入力したら、[OK]をタップすれば完了です。

Gmail 署名設定 Android

設定後は、Gmailアプリからメールを新規作成したり、返信したりする際に、本文に署名が自動で挿入されます。

iOS版と異なり、Android版ではメールを送信する前に文中に署名が記載されます。

EDITED BY CK