【実録】Twitterアカウントの凍結を解除したときにやったこと

異議申し立てで使える例文も紹介

本記事では、筆者のTwitterアカウントが凍結された際におこなった対処法をまとめてみました。異議申し立ての例文、解除後の対応など気になるポイントをレポートしているので、参考にしてみてください。

Twitterアカウントのロック・凍結を解除する方法

さっそく、アカウント凍結の解除方法を確認しましょう。

一時的にロックされている場合

違反行為があったとしても、よほど悪質でない限り、いきなりアカウントが凍結されることはまれです。一般的には「一時ロック」→「凍結」→「永久凍結」と段階的に厳しい措置がとられるケースが多いようです。

この点、「一時ロック」の段階であれば対処するのは難しくありません。

一部の機能が制限された状態のTwitter

アカウントが一時的にロックされた場合は、その理由によって対処方法が異なります。画面の案内に従って対応しましょう。

たとえば、乗っ取りや不正ログインが疑われる場合は、電話番号またはメールアドレスによる認証を求められます。認証が完了し次第、ロックが解除される仕組みです。

筆者の場合、フォロー/アンフォローを過剰に繰り返したことが原因でロックされたので、提示されている期間が終わるまでフォロー機能が制限されました。

「次のポリシー」や「Twitterルール」部分をタップ

一時ロックされた理由について詳しく確認できる

なお、一時ロックされた場合はその理由の詳細を確認し、早めに対処しておくのがおすすめです。

というのも、ロックされた原因が改善されないままだと、後述する「凍結・永久凍結」の措置を取られてしまう可能性があるからです。永久凍結されてしまうと、アカウントの復活はかなり困難になってしまいます。

たとえば、特定のツイートが攻撃的だと判断されたなら、そのツイートを削除してください。アイコンが著作権や商標権を侵害していると判断された場合は、変更しておきましょう。

凍結・永久凍結された場合

一時ロックが解除された後も同じ使い方をしていると、凍結・永久凍結されてしまうことがあります。

凍結・永久凍結されてしまった場合は「異議申し立て」ができます。申請した内容をTwitter側で審査し、異議が認められると凍結が解除されるというわけです。

もっとも、異議申し立てをしても、確実に凍結が解除されるとは限らないのが現状です。不確定要素も多く、解除の判断基準や解除されるまでに要する期間などは明らかにされていません。

とはいえ筆者をはじめ、これまでも多くのユーザーが異議申し立てによってアカウントを取り戻しています。試す価値は十分にあるでしょう。

アカウントが凍結された理由を確認する

凍結された理由を理解することは、ステップ3の「問題の詳細」を記入する上で重要なポイントとなります。2018年からは原則として、アカウントの凍結理由がメール経由でユーザーに開示されるようになりました。

ツイッターにメールアドレスを登録しているなら、Twitter社から凍結理由の通知メールが来ているはずです。このメールをよく読んで、凍結理由を確認してください。

メールが届かなかった場合は、ヘルプセンターに進んでアカウントが停止された理由を探りましょう。

異議申し立ての入力フォームに進む(英語表示を日本語に変える)

アカウントが凍結・永久凍結されると、以下のようなアラートが表示されます。

[詳細はこちら]をタップすると、Twitterのヘルプセンターに移動します。

「Twitterアカウントの凍結解除方法」項目の最後、異議申し立ての部分にリンクが設定してあり、リンク先に飛ぶと入力フォームが表示されます。

永久凍結の場合、ホームタブに常にアラートが表示されているので、異議申し立てを送信をタップして移動するのもいいでしょう。

どちらの方法も利用できない場合は、アカウントにログインした状態で異議申し立ての入力フォームにアクセスしてください(左のリンクから移動できます)。

異議申し立ての入力フォームが表示されるのですが、デフォルトで英語版が表示されてしまうことがあります。

その場合、画面を一番下までスクロールするとEnglishボタンがあるので、これをタップ。言語設定で「日本語」を選択しましょう。

問題の詳細など各項目を埋めて「送信」を押す

日本語版の異議申し立て入力フォームを表示できたら、各項目を埋めていきましょう。

特に重要なのが「問題の詳細」の記入です。この点、凍結がシステムの誤判定だという確信があるなら、シンプルな文章でも構いません(例1参照)。

しかし、凍結理由に少しでも心当たりがある、または紛らわしい行為があった場合、ただ納得がいかないという主張をするだけで解除してもらうのは難しいでしょう。

自分がTwitterルールや利用規約に違反をしていない理由を明確に示す必要があります(例2参照)。

例1:まったく身に覚えがない場合(誤判定だと確信できているなどのケース)

私は、Twitterルール・利用規約に違反した行為は一切おこなっておりません。

システムの誤作動だと思われますので、至急、凍結の解除をお願いします。

例2:凍結理由に心当たりがある/紛らわしい行為があった場合

今回フォロー/アンフォローを複数回繰り返したのは、アカウントを新しく開設していたためです。旧アカウントから新アカウントにフォロー/フォロワーを移行するために必要な作業でした。

Twitterは個人で楽しむ目的で利用しており、決して商業利用目的ではありません。また、フォロー行為はすべて手動でおこなっているので、規約で禁止されている「無差別フォロー」には当たらないと考えます。

今後、スパムに判定されるような紛らわしい行為をしないよう注意を払って運用していきますので、解除をお願いします。

フォームを埋めて「送信」を押すと「ご協力ありがとうございます」といったメッセージが表示され、自動返送のメールが届きます。

このメールに返信してメールアドレスの有効性を示したら、異議申し立てに対する回答が届くのを待ちましょう。

異議申し立てへの回答メールが届く

Twitterサポートから異議申し立てへの回答メールが届きます。筆者の場合、予想より早く翌日には届きました。

凍結が解除されたことが記載されていた場合、Twitterを確認してみましょう。アカウントの凍結が解除され、さまざまな制限がなくなっているはずです。

なお、凍結されるとフォロー/フォロワーが強制的に0人になりますが、解除されてから1日ほど時間を置くと元の数に戻っていました。

一方、解除されない(凍結が継続される)場合は、しばらく期間を置いてから再度試してみることをおすすめします。2回目の異議申し立てで解除が認められたケースも過去にはあるようです。

Twitterの規約/ルール違反に認識されがちな行為

前述したように、一度凍結されてしまうと解除するのに時間と労力がかかります。最悪の場合、凍結されたまま解除されないかもしれません。凍結は未然に回避したいところです。

そこで以下では、凍結を経験したユーザーのツイートなどを調査し、凍結されがちな行為をピックアップしてまとめました。今後、凍結されないために参考にしてください。

フォロワー数やアカウントの継続期間なども凍結の判断材料となるため、同じ行為をしても凍結されないケースがあります。あくまでひとつの参考例として確認してください。

トレンドや人気のトピックに関する投稿をする

Twitterユーザーが凍結された理由を調査したところ、意外と多かったのが「トレンドや人気のトピックに関係のない更新を複数投稿した」という理由です。

具体的には、投稿に無関係のトレンドハッシュタグを付けたり、投稿に一切関係ない内容をリプライしたり、といった行為が当てはまるようです。ただし、その投稿が「無関係」かどうかを示す明確な基準などは不明です。

どのような内容が凍結判定に引っかかるか分からないので、複数のトレンドタグについて投稿したり、人気投稿にむやみにリプライを送ったりするのはなるべく避けたほうがよいでしょう。

同じメッセージを複数人に送信した

「短期間に同じ内容を複数人に送る」という行為は、不審な動き(スパム)として自動検出される可能性があります。

実際、年始に「あけましておめでとう」、誕生日に「ありがとう」といった趣旨のリプライを複数人に送ったことが原因で、凍結されてしまったユーザーもいるようです。

同じ内容を複数人に送る際は、なるべく時間を置いて連続にならないように注意しましょう。

懸賞・キャンペーン企画でフォロー&リツイートを繰り返した

「フォロー&リツイートで○○が当たる!」といった懸賞・キャンペーン企画に参加する場合も注意が必要です。フォロー&リツイートを短期間に繰り返すと、フォローチャーンや無差別フォロー行為ではないかと疑われてしまいます。

複数の懸賞に応募する際は、各案件のフォロー&リツイートの時間をずらすなどの予防策をとりましょう。

攻撃的・差別的なツイート

最近は攻撃的・差別的な投稿の審査がより厳しくなっており、以下のようなケースでも凍結されてしまうことがあるようです。

  • 対象が人ではない(架空のキャラクターや虫、動物など)
  • ゲームやマンガ、楽曲のタイトルに攻撃的・差別的なワードが入っている
  • 「○す」「○ね」などの伏せ字

また直接的な表現でなくても、「誰かが損害を被ることを願う/希望する」ような趣旨の発言も凍結対象になり得るので注意が必要です。

Twitterは、個人または特定の集団に対して、死亡、深刻な身体的危害、重大な疾患を願う、希望する、促進する、扇動する、またはそのような願望を表す内容を禁止しています。これには以下の内容が該当しますが、これらに限定されません。 

  • 深刻な疾患によって誰かが死亡することを願う。例: 「がんになって死ねばいいのに」
  • 誰かが深刻な事故に巻き込まれることを願う。例: 「次しゃべったら、車にひかれてしまえ」
  • 特定の集団が深刻な身体的危害を被るべきだと言う。例: 「この抗議団体が黙らないのなら、撃たれるべきだね」
アプリ「Twitter」をダウンロード
検証バージョン
Twitter
iOS
8.80
Twitter
Android
9.9.0
EDITED BY
MOEGI