消えない? Googleマップの検索履歴やタイムラインを完全に削除する方法、履歴を残さない方法も【Android/iPhone】

2019-01-25 16:35
記事タイトルとURLをコピーする

消えない? Googleマップの検索履歴やタイムラインを完全に削除する方法、履歴を残さない方法も【Android/iPhone】

もはや手放せないアプリの一つであるGoogleマップ。しかし設定次第では、目的地を検索した履歴や、1日の行動が履歴として保存されてしまいます。誰かに見られたら、いつ・どこに行っていたのか一目瞭然ですし、そうでなくとも、行動履歴が知らぬ間に記録されていることを気持ち悪く感じることもあるでしょう。

そこで本記事では、Googleマップの検索履歴やタイムライン(ロケーション履歴)を1件ずつ、または一括で削除する方法について解説します。また、以後こうした履歴を残さないようにする設定についても紹介します。

Androidスマホのあらゆる履歴を削除/残さない方法まとめ
iPhoneの履歴の消し方、残さない/表示しない方法まとめ

Googleマップの検索履歴を削除するには

Android端末ではほとんどの場合、GoogleアカウントでログインしてGoogleマップを使用しているはず。またiPhoneでも、GmailなどGoogle系のアプリを使っていると、通常はログインした状態でマップを利用しているケースが多いでしょう。

このように、Googleアカウントでログインしているスマホでは、Googleマップで過去に検索した履歴などが保存されており、検索履歴が表示されてしまいます。

Googleマップ 設定

これらの履歴を削除する方法として、まず、Googleマップのアプリを開き、メニューボタン[]をタップしてメニュー画面を表示してください。

続いて[設定]→[マップの履歴]と選択します。

Googleマップ 履歴削除 Android Googleマップ 履歴削除 iPhone

左:Androidの画面右:iPhoneの画面

「マップの履歴」の画面が表示されたら、Androidの場合は、消したい履歴の右横の[☓]を、iPhoneの場合は、[]ボタンをタップしましょう。確認画面が出るので、再び[削除]を押せば削除完了です。

複数ないし一括で検索履歴を削除する

1件ずつではなく、指定した複数の履歴やすべての履歴を削除したい人向けの方法もあります。

マイアクティビティ

まずマイ アクティビティにアクセスし、ページ上部の[+(日付とサービスのフィルタ)]をタップします。

マイアクティビティ

この画面で、下のほうにある[マップ]をタップし、画面右上の[検索アイコン]をタップしてください。

マイアクティビティ Googleマップ 履歴削除 マイアクティビティ Googleマップ 履歴削除

あとは、検索バーの右横にある[]から[選択]をタップ。

消したい履歴の左横にあるボックスにチェックを入れて、右上のゴミ箱ボタン[]を押せば削除ができます。

マイアクティビティ Googleマップ 検索履歴 削除

なお、全ての履歴を消したい場合は、検索バーが表示された画面で[]ボタンをタップしたあと、[検索結果を削除]を選択すればOKです。

Googleマップのタイムライン(ロケーション履歴)を削除するには

Googleマップ タイムライン Googleマップ タイムライン

Googleアカウントにログインした状態でマップを利用していると、これまで訪れた場所や、移動した距離、その手段(徒歩、自転車、車、公共交通機関等)などはロケーション履歴として保存されています(アカウント情報の「訪れた場所」の設定がオンになっている場合)。

このロケーション履歴を時系列で表示しているのが「タイムライン」機能で、Googleマップアプリのメニュー画面にある[タイムライン]から内容を確認することができます。

【Googleマップ】タイムライン機能の使い方、行動(ロケーション)履歴を削除/表示されないようにする方法も(iPhone・Android)

ロケーション履歴

タイムラインの履歴を削除するには、アクティビティ管理を開き、ロケーション履歴の下部にある「履歴を管理」をタップします。

ロケーション履歴 タイムライン ロケーション履歴 タイムライン

直近のタイムラインが1件表示された画面に移動したら、画面上部の[カレンダーマーク]をタップし、削除したい日付を選択して表示させます。

最後に、iPhoneの場合は上部のメニューボタン[]ボタン(Androidの場合はメニューボタン[]ボタン)を押して、[1日分をすべて削除]をタップすれば削除完了です。

Googleマップのタイムラインをまとめて削除する

タイムラインを1件ずつ削除するのは面倒という人は、まとめて削除する方法を試してみてください。

ロケーション履歴 タイムライン ロケーション履歴 タイムライン

まず、アクティビティ管理を開き、ロケーション履歴の項目にある「履歴を管理」をタップしてください。

次の画面で、iPhoneは画面上部のメニューボタン[]をタップしましょう(Androidはメニューボタン[]ボタンをタップ)。メニュー画面が表示されたら設定ボタン[設定]を選んでください。

Googleマップ 指定期間のロケーション履歴の削除 Googleマップ 指定期間のロケーション履歴の削除

指定した期間の履歴を削除したい場合は、この画面で[指定期間のロケーション履歴の削除]を押します。次の画面で、削除したい期間の開始日と終了日を選び、[削除]をタップ。最後に確認画面が出るので、「理解したうえで削除します」にチェックをつけて、削除をタップしたらこれで削除完了です。

なお、すべての期間の履歴を消し去りたいという場合は、[ロケーション履歴をすべて削除]をタップする方法が効率的です。

Googleマップ ロケーション履歴をすべて削除 Googleマップ ロケーション履歴をすべて削除

「完全に削除しますか?」という確認画面が表示されるので、「理解したうえで削除します」にチェックを入れて、削除を押してください。

Googleマップに検索履歴やタイムラインを残さないようにする方法

これまでGoogleマップの検索履歴やタイムライン(ロケーション履歴)を削除する方法を紹介してきましたが、一度履歴を削除しても、その後もスマホを使用している限り、履歴は保存されてしまいます。そこで、そもそもこういった情報を記録させない方法を紹介します。

Googleアカウントのアクティビティを無効にする

「アクティビティ」とはGoogleアカウントに紐付いているアプリで検索した内容を保存し、別のアプリや端末からでも参照できるようにする機能です。

同じアカウントを使用していれば、複数の端末で履歴が共有できて便利なものの、アクティビティが有効な状態では、Googleアカウントでログインしている限り履歴が保存されていくので、履歴を残したくない時には無効にするのがよいでしょう。

Googleマップ アクティビティ管理  Googleマップ ウェブとアプリのアクティビティ 一時停止

まず、アクティビティ管理にアクセスして、「ウェブとアプリのアクティビティ」を「オフ」にします。続いてウェブとアプリのアクティビティを一時停止することへの確認画面が表示されるので、一読したら[一時停止]をタップしてください。

Googleマップ ウェブとアプリのアクティビティ 一時停止 Googleマップ ウェブとアプリのアクティビティ 有効にする

すると「一時停止中」と表示されるようになり、マップや検索等での記録がストップします。

なお「有効」に戻したいときは、「ウェブとアプリのアクティビティ」の横のボタンを「オン」にして、確認画面を一読したうえで、[有効にする]をタップしたら完了です。

Googleマップのタイムライン(ロケーション履歴)を無効(一時停止)にする

ロケーション履歴をオンにしていると、訪れた場所に基づいたおすすめが表示されたり、経路の交通状況などをリアルタイムに確認することができます。便利ではありますがアプリ内にプライベートな履歴が残ってしまいます。

そこで、アカウント単位でロケーション履歴を一時停止する方法もおすすめです。オフ(一時停止)にすることで、それ以降はロケーション履歴が保存されなくなります。ただし、以前の履歴は残ったままになるので注意してください。

ロケーション履歴 Googleマップ ロケーション履歴 Googleマップ 一時停止

手順は、アクティビティ管理にアクセスして、[ロケーション履歴]の横ボタンを「オフ」します。続いてロケーション履歴を一時停止することの確認画面に移動するので、一読して[一時停止]をタップしてください。

ロケーション履歴 Googleマップ 一時停止 ロケーション履歴 Googleマップ 有効にする

「一時停止中」と表示されるようになり、タイムライン(ロケーション履歴)の記録が停止されます。

なお「有効」に戻したいときは、「ロケーション履歴」の横のボタンを「オン」にして、表示された確認画面を一読したうえで、[有効にする]をタップしてください。

検証端末:iPhone XS (iOS 12.1) AQUOS SH-M07(Android 8.0)

EDITED BY CK