Facebookを完全に退会(アカウント削除)する方法──利用解除(一時停止)との違いも解説

Facebookを完全に退会(アカウント削除)する方法──利用解除(一時停止)との違いも解説

Facebook(フェイスブック)のユーザーの中には、名前だけ登録した後でほとんど使っていなかったり、実名の人間関係の維持に疲れてしまったりしている人は少なくないでしょう。また最近、大量のユーザー情報が漏洩したという報道もあり、もうFacebookを利用したくないという声も耳にします。

このような場合、アカウントを削除してFacebookを退会することを視野に入れたほうがよいかもしれません。

ただ、Facebookにはアカウント削除(退会)だけでなく、利用解除(停止)という類似の手続きも存在します。Facebookを完全にやめるためには、アカウントを削除しなければいけません。うっかり勘違いして利用解除を選ぶと、望んだ結果を得られません。

そこで本記事では、そもそもアカウントの完全な「削除(退会)」と「利用解除(停止)」との違いについて触れたうえで、アカウント削除(退会)の手順をわかりやすく解説します。

Facebookアカウントの削除(退会)と利用解除(停止)の主な違い

deleteボタン

Facebookでは、完全にアカウントを削除する「退会」と、一時的に利用を止める「利用解除」が存在します。

アカウント削除(退会)は永久に復活できない

アカウントを削除すると、Facebookから自分のアカウントが完全に消滅し、永久に復活できない状態になります。ただし、30日以内であればキャンセルできます。

アカウント削除は、Facebookから退会するという意思を固めているときに有効な手段。それまで蓄積してきたデータは一部の例外を除いてすべて削除されるので、投稿や写真、友達、趣味・関心なども消去されます。

友達は削除アカウントに関する情報(タイムライン・投稿・いいね!・コメントなど)を確認できなくなり、検索することも不可能になります。ただし、すでに友達に送信済みとなっているFacebookメッセンジャーのメッセージは削除されません。

Facebookによれば、技術的な理由により、一部のコンテンツのコピー(ログなど)がFacebookのデータベースに残ることがあるとのこと。利用者がアカウントを削除した時点で、そのようなコンテンツからは個人を特定できる情報がすべて削除されるとしています。

利用解除(停止)は再開できる

利用解除利用解除

一方、アカウントを一時的に利用解除(停止)する場合は、自分のアカウントに関するデータはFacebook上に保存されます。そのため、Facebookをいったん休止したとしても、後から元通りに再開できます。

その他の効果は、アカウント削除の場合とほぼ変わりません。

Facebookアカウントを削除(退会)する方法

Facebookアカウントの削除方法は、スマホアプリとPCとで手順が異なります。まずは、スマホアプリでのやり方を解説します(PCからの削除手順については後述)。

どちらから退会操作をおこなうにしても、最後にFacebookアカウントのパスワード入力が求められます。忘れてしまった人は、あらかじめパスワードを変更またはリセットし、新しいパスワードを把握しておくようにしてください。

パスワードを変更 | Facebookヘルプセンター

1設定を開き「アカウントの所有者とコントロール」を選択

Facebookアカウントを削除(退会)する方法Facebookアカウントを削除(退会)する方法

Facebookアプリのメニューボタン[]から[設定とプライバシー]を開き、[設定]をタップします。

Facebookアカウントを削除(退会)する方法

次の画面で[アカウントの所有者とコントロール]を選択します。

2「利用解除と削除」へ進む

Facebookアカウントを削除(退会)する方法

「アカウントの所有者とコントロール」画面で[利用解除と削除]を選択して先に進みます。

3「アカウントの削除」を選択する

Facebookアカウントを削除(退会)する方法Facebookアカウントを削除(退会)する方法

「アカウントの削除」にチェックを入れた状態で[アカウントの削除へ移動]をタップし、次の画面でもう一度[アカウントの削除へ移動]を選んでください。

Facebookアカウントを削除(退会)する方法

アカウント削除の前の確認事項やデータダウンロードについての表示を確認したら、[アカウントを削除]をタップします。

「Facebookデータをダウンロード」とは、自分のFacebook情報のコピーをまとめてダウンロードできるという機能です(詳しくは後述)。

4パスワードを入力し「アカウントを削除」で退会完了

Facebookアカウントを削除(退会)する方法Facebookアカウントを削除(退会)する方法

続いて、アカウントの本人確認をおこないます。削除するFacebookアカウントのパスワードを入力し、[次へ]と進んでください。

最後に[アカウントを削除]をタップすれば、退会設定が完了します。

再ログインしてしまったときの対処法

再ログインしてしまった場合でも、以下のように手続きによって、最終的にアカウントを削除できます。

Facebookアカウントを削除(退会)する方法

本人確認完了後の画面で、[ログアウト]をタップすればOK。アカウントを復活させることなく、予定どおり削除日に退会が完了します。

PC(パソコン)からFacebookアカウントを削除する手順

PCでアカウントを削除する場合、通常はスマホアプリと同様の手順が必要ですが、その手間を省くため、ここではアカウント削除画面への直リンクを掲載します。

1アカウント削除画面に移動し[アカウントを削除]をクリック

まず、以下のリンクからアカウント削除画面に移動します。

アカウントを削除

上記リンクをクリックしただけで削除されるわけではありません。心配しないでください。

PC(パソコン)からのFacebookアカウント削除手順

「アカウントを完全に削除」画面が表示されたら、内容を確認したうえで[アカウントを削除]をクリックします。

2パスワードを入力し、再度「アカウントを削除」を選択

PC(パソコン)からのFacebookアカウント削除手順

本人確認のために(Facebookアカウントの)パスワードを入力し、[次へ]をクリックします。

PC(パソコン)からのFacebookアカウント削除手順

確認を求められるので、再び[アカウントを削除]をクリックします。これで、退会手続きは完了です。

3退会の手続きが完了し、アカウント削除の予定日が表示される

PC(パソコン)からのFacebookアカウント削除手順

退会手続きを済ませるとログイン画面が表示される

ログイン画面が表示され、アカウント削除の予定日が表示されます。

アカウント削除前にデータをダウンロードする方法

Facebookアカウントに関するデータの大半(プロフィール、連絡先情報、ウォール=タイムライン、写真、友達、メッセージなど)は、アカウント削除の途中でダウンロードすることができます。

アカウント削除前にデータをダウンロードする方法

アカウント削除を設定する過程で表示される

具体的には、アカウントを削除するステップで表示される「Facebookデータをダウンロード」から実行します。

アカウント削除前にデータをダウンロードする方法アカウント削除前にデータをダウンロードする方法

アカウント削除時以外でデータをダウンロードすることも

またアカウント削除時でなくとも、アプリ版では[設定]→[個人データをダウンロード]から、ウェブ版では[設定]→[あなたのFacebook情報]→[個人データをダウンロード]からダウンロード可能です。

取得して残しておきたいデータを選択し、ZIPファイル形式でダウンロードできます。プライバシーに関するデータが多く含まれるので、ダウンロードする場合は事後の管理に注意が必要です。ダウンロードできるデータの詳細は、Facebookヘルプセンター(下記)で確認してください。

どんな種類の個人データを確認できますか。 | Facebookヘルプセンター

アカウント削除(退会)をキャンセルする方法

アカウントを削除しても、30日以内であればそれをキャンセルしてFacebookに再登録できます。そのため、アカウントは30日後まで「削除」ではなく、「利用解除(停止)」として取り扱われます。

削除(退会)をキャンセルする方法削除(退会)をキャンセルする方法

アカウント削除のキャンセルは簡単。アカウント削除の操作後30日以内にFacebookアカウントにログインし、[はい、Facebookに移動します]をタップすればOKです。

削除(退会)をキャンセルする方法

ウェブ版Facebook

PCからウェブ版Facebookにアクセスした場合も同様です。アカウント削除の操作後30日以内にFacebookアカウントにログインし、[削除をキャンセル]すれば退会は取り消されます。

検証したFacebookのバージョン:iOS版312.0、Android版311.0.0.44.117

EDITED BY
BOTAN