スマホで写真・画像のサイズを圧縮する(容量を小さくする)方法【iPhone/Android】

スマホで写真・画像のサイズを圧縮する(容量を小さくする)方法まとめ【iPhone/Android】

スマホのカメラ性能はますます向上し、高画質な写真が撮れるようになった反面、その画像サイズ(容量)も大きくなっています。「メールの添付写真を圧縮したい」「端末のストレージ空き容量を増やしたい」など、さまざまな場面で画像容量を小さくしたいと考える人は多いでしょう。

そこで、iPhoneやAndroidスマホで画像を圧縮(縮小)して容量を小さくできるおすすめアプリや、メールに画像を添付する際にサイズを変更する方法を解説します。また、LINEアプリを使って画像を圧縮する裏ワザも紹介しています。

スマホの専用アプリで画像を圧縮する方法

スマホでは、画像の容量を小さく圧縮するアプリが無料でインストールできます。この専用アプリは、特に複数の画像をまとめて変更したいときに役立ちます。iPhone・Androidそれぞれで人気のあるアプリを紹介します。

iPhoneのアプリは「画像圧縮」がおすすめ

iOS向けに提供されているアプリ「画像圧縮」を使って、画像を圧縮する方法を紹介します。複数の画像を一括で圧縮することも可能です。

アプリ「画像圧縮」をダウンロード
画像圧縮

アプリをインストールして開くと、写真へのアクセスを求められるので、「OK」を選択します。

圧縮する写真を選択する

ここから、圧縮したい画像を最大で10件まで選択します。「最近の項目」の右側にある[▼]マークをタップすることで、アルバムの切り替えも可能です。

画像を選択したら、右上にある[完了(写真の枚数)]をタップします。

圧縮するサイズを決める

続いて画像のサイズを決めます。

数値をタップするか、ピンチバーを操作することでサイズを指定できます。画像を選択し直す時は、右上の[画像選択]をタップすれば選択画面に戻れます。

圧縮後のプレビューを確認 「保存する」をタップ

サイズの選択画面下で「圧縮画像一覧」タブに切り替えると、元の画像と圧縮後の画像のサイズ・容量が確認できます。写真を複数選択している場合は、左右スワイプで他の画像に切り替えられます。

容量を確認したら、左下の「圧縮設定」タブでサイズ選択画面に戻り、[保存する]をタップします。

圧縮画像の保存が完了した アルバムに画像が保存された

左:画像の保存完了を知らせるアプリ画面右:iPhoneのアルバム画面

端末のアルバム内に新しく「画像圧縮アッシュ」というアルバムが自動で作られ、圧縮した画像はそこに保存されます。容量を確認しながらサイズを決められるので、希望の容量に簡単に圧縮できる便利なアプリです。

Androidアプリでは「写真リサイズ」が使いやすい

Androidスマホ向けでは「写真リサイズ」というアプリがおすすめです。Google Playで累計ダウンロード数1000万以上、評価平均4.5と人気の高い画像圧縮アプリです。

アプリ「写真リサイズ」をダウンロード
写真リサイズ

「写真を選択」をタップ 画像を選ぶ

アプリを開いて、[写真を選択]をタップします。端末のアルバム内が一覧で表示されるので、圧縮したい画像を選択します。

複数選択する場合は1枚目を長押しすることで、2枚目以降の画像をタップすればまとめて選択できます。今回は10枚のみ選択していますが、筆者のアルバム内にある画像64枚すべてを選択して一気に圧縮することも可能でした。

選び終えたら、右上の[選択]をタップします。

「サイズ変更」をタップ 好きな寸法を選択

左下の[サイズ変更]をタップし、好きな寸法を選びます。

アルバムマークをタップ 「アップロード」をタップ

右上のアルバムアプリのマークを押して、次の「フォトにアップロード」画面で右下の[アップロード]をタップすると端末のアルバムに圧縮された画像が保存されます。

「写真リサイズ」のアプリ画面では「アップロード」と書かれていますが、Googleフォトに写真がアップされてしまうわけではなく、あくまで端末のアルバム内に画像が保存されます。

圧縮画像がアルバムに保存された

端末のアルバム内を確認すると、「PhotoResizer」というアルバムが自動で生成され、その中にリサイズされた画像が保存されました。

メールで写真を送るときに容量を小さくして添付する方法

写真をメールに添付して送るとき、相手のデバイスによって送受信できないなどの問題が起きる可能性もあります。送受信できるメール容量の上限や、送信する際に画像を圧縮する手順を解説します。

メールで送受信できる容量の上限は?

送受信できるメールの容量は、キャリアや端末、サービス内容によって異なりますが、おおむね以下の通りとなっています。

iPhone Android
ドコモ 10MB 10MB
au 2MB 2MB
ソフトバンク 2MB 2MB
iCloudメール 25MB
Gmail 25MB 25MB
Yahoo!メール 25MB 25MB
Microsoft Outlook 20MB 20MB

あくまで本文などを含めたメール全体の容量なので、添付できる画像はこれよりも小さくなります。これを超えると、メールが送信されない、本文は受信できても画像が見られないなど、さまざまなエラーが生じます。

また、契約内容によっては受信容量が大きければ大きいほどパケット料金が加算されるため、1通のメールを受信しただけで何千円も請求されてしまうという悲劇も起こり得ます。それだけに、高画質の画像は圧縮して容量を小さくしてから送る配慮が必要です。

iPhoneのメールアプリ(iCloud)で圧縮する手順

iPhoneにプリインストールされているメールアプリでは、画像を添付したメールを送信するとき、画像のサイズを変更できます。

今回は「iCloud」メールを設定したメールアプリでの手順を説明します。iCloudはAppleが提供するクラウドサービスで、Apple IDがあれば誰でもアカウントを作成できます。ドコモやauなどのキャリアメールでも同じ手順です。

写真を挿入する

メール作成画面

メールに画像を添付するには、キーボード上の写真マークを押すか、本文入力欄で画像を挿入したい箇所を長押しし、バー右端の[▶]→[写真またはビデオを挿入]を選択します。

アルバムが開くので、そこから画像を選びます。

送信ボタンをタップ サイズを選ぶ

画像が本文に挿入されます。この状態で宛先や本文を入力し、一番右上の送信ボタン[↑]をタップ。画像サイズのメニューが表示されるので、「大」「中」「小」そして「実際のサイズ」の4種類から圧縮サイズを選べます。

画像サイズを選択すると、メールが送信されます。

Androidのメールアプリ(Gmail)を使う場合

Androidは端末ごとにデフォルトのメールアプリが異なることがあります。今回はPixel 3aにプリインストールされていたGmailアプリで、画像を圧縮する方法はあるのか調べてみました。

クリップボタンをタップ 上限サイズを超えると、写真を添付できない

Gmailアプリのメール作成画面でクリップボタンをタップすると写真を添付できます。しかし、Gmailの添付ファイル上限サイズの25MBを超えて選択していると、そもそもメールを送信できません。

前述のiPhoneのメールアプリと場合と違い、Gmailはメール作成時に画像を圧縮する機能はありません。したがって、Gmailで送る際には事前に圧縮した画像を用意するなどの方法が必要です。そのためにAndroid用の画像圧縮アプリや、後述するLINEアプリを活用して画像をリサイズしましょう。

LINEのトークを使って画像容量を減らすことも可能

LINEで簡単に画像容量を減らす方法もあります。トークルームに画像を送信したとき、通信容量やサーバーの負担を抑えるために、サイズが自動的に圧縮されます。今回はこの仕組みを利用します。

写真を送信する ダウンロードボタンで保存する

1人グループトークの画面

メモ代わりに使える「自分1人だけのグループトーク(以下、1人グループトーク)」、あるいは「Keepメモ」のトークルームに画像を投稿します。

メッセージ入力欄の左にある写真マークから送信しましょう。写真をタップしてダウンロードボタン[]で保存すると、元画像よりも容量が落ちた画像を取得できます。

元画像と、1人グループトーク、Keepメモに投稿した画像の容量を比較してみました。

元画像の情報 1人グループトークの画像の情報 Keepメモの画像の情報

元画像が3.6MBでしたが、1人グループトーク、Keepメモから保存した画像はともに849KBと小さくなりました。

LINEを普段から使っているユーザーであれば、新たに画像を圧縮するアプリのインストールが必要ないので便利です。ただし、LINEでは画像容量のサイズ指定はできません。容量がどれくらい減るかは画像ごとに異なります。細かくサイズ設定したい場合は前述の専用アプリを使う方がいいでしょう。

検証端末:iPhone Xs Max(iOS 14.3)、Pixel 3a(Android 11)

EDITED BY MIKAN