Googleマップで航空写真を表示する方法──過去の写真や3D(斜め)地図は見られる?

過去の地図を見たいならストリートビューを使う

Googleマップ(グーグルマップ)では、デフォルトの地図だけでなく航空写真の地図も表示できます。実際の写真を見られるので、よりリアルに地形などがわかります。

本記事では、スマホアプリ(iPhone/Androidスマホ)とPCブラウザにおいてGoogleマップの航空写真を見る方法を解説。3D(斜め)写真や過去の地図は見られるかなど、よくある疑問点についても答えています。

Googleマップで「航空写真」を見るには

Googleマップの航空写真は、スマホアプリ(iOS版/Android版)でもPCブラウザでも閲覧可能です。それぞれの方法を紹介します。

スマホアプリで見る(iPhone/Android)

iOS版/Android版アプリで航空写真を見るには、まずアプリの画面右上にあるレイヤーボタンをタップ。「地図の種類」から[航空写真]を選択するだけです。

これで航空写真の地図が表示されました。経路検索やナビなども、通常の地図と同様に利用できます。

PCブラウザで見る

PCブラウザでも航空写真の地図を閲覧できます。画面左下にあるレイヤーボタンをクリックしてください。必要な操作はこれだけです。

航空写真が表示されました。経路検索なども通常の地図と同様に利用できます。

Googleマップの航空写真に関するよくある疑問と答え

Googleマップの航空写真に関して、よく挙がる疑問点とその答えをまとめています。

航空写真を3D(斜め)で見られる?

スマホアプリでは3Dの地図を表示することはできませんが、斜めの角度から航空写真を閲覧することはできます。PCブラウザであれば3Dの地図を表示可能です(詳細)。

スマホアプリには、現時点で3Dの地図を表示する機能は備わっていません。ただし、斜めの角度から閲覧することは可能です。

人差し指と中指の2本指で、画面中央部から上方向にスワイプすると斜めの角度から閲覧できます。

PCブラウザなら3D表示が可能です。レイヤーボタンをマウスオンし、[詳細]をクリックします。

「地球表示」にチェックを入れると、画面右側に[3D]と表示されるのでクリックしてください。

これで3Dの地図が表示されます。

航空写真の更新日・撮影日はいつ?

Googleマップの航空写真が撮影・更新された日付を確認することはできません(詳細)。

Googleは航空写真の撮影日・更新日を公表していません。不定期で更新しているため、正確な撮影日を知ることもできません。

過去の航空写真を見ることはできる?

Googleマップでは、過去の航空写真は見られません。過去の写真を見たい場合、代替案としてストリートビューの利用をおすすめします(詳細)。

ストリートビューを表示したら、[他の日付を見る]をタップし、任意の年代を選択します(表示したストリートビューによっては[他の日付を見る]を選択できない場合もあります)。

これで過去のストリートビューが表示されます。

PCブラウザであれば、ストリートビューを表示して画面左上の時計ボタンをクリック。メーターで年代を選択し、虫眼鏡アイコンをクリックしてください。

これで過去のストリートビューが表示されました。

アプリ「Googleマップ」をダウンロード
検証バージョン
Googleマップ
iOS
6.21.3
Googleマップ
Android
11.32.1
EDITED BY
AO