Gmailに隠されたラベル検索ショートカットまとめ 5打鍵で未読メールを抽出可能

Gmail

Gmailを使う上で重宝する検索コマンド(演算子)のひとつが「ラベル検索(label:)」です。たとえば、検索フィールドに「label:unread」と入力して検索すれば未読メールだけを抽出でき、まとめてメールを処理する場合などに役立ちます。

Gmail ラベル検索

また、ラベル検索(label:)は汎用性が高く、使い勝手が良い検索コマンドです。Gmailの検索コマンドにはさまざまな演算子が用意されていますが、その中でも利用頻度が高い「in:」や「is:」の代わりに使えるためです。

さらに重要なのが、「label:」を「l:」に短縮できる点。「label:unread」ではなく「l:unread」で済むので、コマンド入力時間を節約できて便利なわけです。

Gmail ラベル検索

となると、「unread」などのラベルにも短縮形が用意されているのではないか、気になるところでしょう。結論から言えば、いくつかのラベルにはショートカットが存在し、ラベル検索をキーボード4打鍵で入力することが可能になっています。Enterキーを押すことも含めれば5打鍵で未読メールを抽出できる計算になります。

Gmail ラベル検索

以下、利用可能なラベル検索のショートカットです。これらはGmailの公式ヘルプページでは特に触れられておらず、隠し機能扱いになっています。

l:^a(-l:inbox -l:draft -l:chat)と同じ検索結果
l:^bチャット(chat、ハングアウト)を検索
l:^f送信済みメール(sent)を検索
l:^gミュートメール(mute)を検索
l:^i受信トレイ(inbox)を検索
l:^kゴミ箱(trash)を検索
l:^o(l:read -l:chat -l:draft)に近い検索結果
l:^r下書き(draft)を検索
l:^s迷惑メール(spam)を検索
l:^tスター付きメール(starred)を検索
l:^u未読メール(unread)を検索

Gmailの検索コマンド全般については下記記事を参照してください。

なお、ラベル検索のショートカットはGmailのAndroidアプリとiPhoneアプリでは利用できないようです。