Gmailで受信メールの自動転送をスマホで設定する方法──複数・指定アドレスのフィルタ設定も解説

Gmailで受信メールの自動転送を設定する方法──複数・指定アドレスのフィルタ設定も解説

Gmailに届いたメールは、別のメールアドレスに転送できます。複数のメールアドレスへの転送や、送信元を指定した転送も可能です。ただ、Gmailの設定はアプリだけではできないものが多く、面倒だと感じている人は少なくないでしょう。

そこで本記事では、パソコン(PC)を使わずにスマホからGmailの転送設定をする方法を紹介します。iPhone、Androidスマホのどちらでも同じ手順で設定することができます。

スマホアプリではGmailの自動転送を設定できないが

Gmailの自動転送は、スマホアプリ経由で設定ができません。そのため、iPhoneやAndroidスマホで自動転送を設定するには、SafariやChromeなどのブラウザを利用してウェブ版のGmailで設定をおこなう必要があります

本記事ではまず、Gmailのすべての受信メールを他のメールアドレスへ自動転送する設定方法を解説します。複数のメールアドレスにメールを自動転送する方法、または特定メールアドレスからのメールを自動転送する方法については後述しています。

Gmailの全メールを他のアドレスに自動転送する方法

Gmailで受信するすべてのメールを、別のアドレス宛てにも自動転送する手順を解説していきます。

1ブラウザでウェブ版Gmailにアクセスする

ブラウザからGmailを開く ブラウザからGmailを開く

SafariやChromeなどのブラウザでGmailにアクセスします(アプリが起動してしまう場合はリンクを長押しして新規タブで開いてください)。

右上のような画面が表示されたら、[興味がありません]を選択して進んでください。またGmailにログインしていない場合、ログイン画面が表示されるので該当のGoogleアカウントでログインしてください。

2デスクトップ表示へ切り替える

デスクトップ表示へ切り替える デスクトップ表示へ切り替える

ウェブ版Gmailに切り替わったら、左上のメニューボタン[]をタップします。

メニューを下にスクロールするとメールアドレスの下にGmailの表示方法の選択肢があるので、そこから[デスクトップ]を選びます。

デスクトップ表示へ切り替える

パソコンの画面で見た表示と同じような表示に切り替わります。この表示方法なら、PCでしかできなかった設定がスマホからでも可能になるので、この操作方法を覚えておくと非常に便利です。

3転送先のアドレスを追加する

3.転送先のアドレスを追加する

Gmailの自動転送を設定するには、転送先のアドレスを追加する必要があるので、[設定]を開きます。

3.転送先のアドレスを追加する

次に[メール転送とPOP/IMAP]のタブを選択してください。

3.転送先のアドレスを追加する

すぐ下に表示された[転送先アドレスを追加]をタップします。

3.転送先のアドレスを追加する 3.転送先のアドレスを追加する

転送先のアドレスを入力し[追加]します。次の画面で[確認手段を送信]をタップすると、入力したアドレス宛に認証メールが届きます。

4転送先アドレス宛てに届いたリンクを開いて確認する

4.転送アドレス宛に届いたリンクを開き、確認する

転送先として追加したアドレス宛に、Gmailからメールが届きます。自動転送について内容が正しければ、メール本文に記載されたリンクを開きます。

4.転送アドレス宛に届いたリンクを開き、確認する

次の画面で[確認]ボタンをタップしてください。

4.転送アドレス宛に届いたリンクを開き、確認する

転送先アドレスにメールを転送できる旨が表示されます。これで完了ではないので注意してください。

5Web版Gmailへ戻って転送先の設定と変更保存をおこなう

5.Web版Gmailへ戻り、転送先の設定と変更保存をおこなう

もう一度Web版のGmailへ戻り、[設定]の[メール転送とPOP/IMAP]を開きます。「受信メールを次のアドレスに転送」の項目にチェックを入れ、転送先のアドレスを選んだら[変更を保存]ボタンを必ずタップしてください。

5.Web版Gmailへ戻り、転送先の設定と変更保存をおこなう

最後に、画面最下部の[変更を保存]をタップし、自動転送の設定が完了します。

5.Web版Gmailへ戻り、転送先の設定と変更保存をおこなう 5.Web版Gmailへ戻り、転送先の設定と変更保存をおこなう

転送先を登録したら、メールを送ってみましょう。

特にキャリアメールでは迷惑メールなどの設定によって弾かれてしまう場合もあるので、正しく転送されるか確かめることをおすすめします。

フィルタを使ったGmail自動転送機能の使い方

前述した方法では、Gmailのすべてのメールを登録したアドレスに自動転送できますが、特定アドレスから届いたメールに限定して転送したり、複数のメールアドレス宛に転送したりできません。

そこで活用したいのが「フィルタ」機能。フィルタを使えば、自動転送の条件を指定できるようになります。ここでは、ユーザーニーズの高い下記2つのフィルタ設定の手順について解説します。

複数のアドレス宛てにメールを自動転送する

Gmailで受信したメールを複数のアドレス宛て自動転送する設定手順を紹介します。

1転送先のアドレスを複数登録しておく

下準備として、先ほどと同じ手順で「転送先アドレスを追加」から複数のメールアドレスを登録しておきましょう。

2画面上部の[フィルタを作成]をタップする

複数アドレスへメールを自動転送する

ウェブ版Gmailでデスクトップ表示にしたら、画面上部にある[フィルタを作成]をタップします。

3フィルタの条件を入力する

複数アドレスへメールを自動転送する

フィルタの条件を設定します。今回はすべてのメールを転送したいので、「キーワード」にすべてのメールに含まれる「@」を入力し、[次のステップ]に進みます。

41つ目の転送アドレスを選択

複数アドレスへメールを自動転送する

転送するアドレスを設定していきます。「次のアドレスに転送する」の項目に[✓]を入れた状態でプルダウンから該当のメールアドレスを選びます。よければ[フィルタを作成]をタップしてください。

複数アドレスへメールを自動転送する

1つ目のメールアドレスが設定できました。ここから転送するアドレスを増やしていきます。[新しいフィルタを作成]をタップしましょう。

52つ目の転送用アドレスを選択

複数アドレスへメールを自動転送する

もう一度「次のアドレスに転送する」に[✓]を入れ、先ほどとは異なるアドレスをプルダウンから選んで[フィルタを作成]します。

なお、アドレスは[転送先アドレスを管理する]から追加できます。

複数アドレスへメールを自動転送する

適用されたフィルタの数だけ表示数も増加

これで、転送先として設定した2つのアドレス宛てにメールが転送されるようになります。さらに転送先を増やしたい場合は、同じようにフィルタを追加していけばOKです。「@」を含むメール(=すべてのメール)が指定のアドレスに転送されるようになります。

ただし、「次のアドレスに転送する」フィルタは20個までしか作れません。そこまで使い切ることは滅多にないでしょうが、もしうまくフィルタが作れなかったら、上限に達していないか確かめてみましょう。

特定アドレスからのメールを自動転送する方法

Gmailに届くメールを全部転送するとメールの件数が多くなり、かえって見にくく、大事なメールを見落としてしまうことも考えられます。それを解決する一つの策が、送信者を指定して転送する(特定の相手から受信したメールのみ転送する)設定です。

1転送先のアドレスを登録しておく

下準備として、先ほどと同じ手順で「転送先アドレスを追加」から複数のアドレスを登録しておきましょう。

2「転送を無効にする」を選択する

特定アドレスからのメールを自動転送する方法

設定の[メール転送とPOP/IMAP]において、「転送を無効にする」を選択した状態で[変更を保存]します。

このチェックはフィルタよりも優先されます。無効にしておかないと、ここで指定したアドレスにすべてのメールが転送されてしまうことになってしまいます。

3「From」に転送したいアドレスを入力してフィルタを作成

特定アドレスからのメールを自動転送する方法

画面上の[フィルタを作成]をタップします。

特定アドレスからのメールを自動転送する方法

「From」に転送したい送信者のアドレスを入力し、[次のステップ]を選択します。

特定アドレスからのメールを自動転送する方法

[次のアドレスに転送する]をチェックして転送先のアドレスを選択し、[フィルタを作成]をタップしてください。

4特定の送信者(アドレス)からのメールのみ自動転送される

特定アドレスからのメールを自動転送する方法

フィルタの作成が完了しました。これで、特定の送信者からのメールのみ、指定したアドレスに転送されるようになります。

特定アドレスからのメールを自動転送する方法

フィルタで指定したアドレスからのメールが、自動転送に設定したアドレスにも送信されます。この機能を使えば、本当に見落としたくないメールだけをメインのアドレスに転送できるようになるというわけです。

フィルタ機能には他にも、宛先を指定したり、「重要」など特定の言葉を含むメールという条件を設定したりといったことができます。「会社からの重要案件だけ転送する」といったように細かくカスタマイズできるので、ちょっとした工夫でGmailがもっと便利になります。

EDITED BY BOTAN