動画版Instagram「Viddy」のAndroidアプリがリリース、日常を短編映画のように切り取ろう

2012-12-14 23:35
記事タイトルとURLをコピーする

動画版Instagramなどとも呼ばれる、「Viddy」のAndroid版アプリがGoogle Playにリリースされた。スマートフォンで撮った動画を、味のあるフィルタと音楽に乗せ、15秒に込めて共有できる。

Viddy
15秒以内のショートムービーということで敷居も低く、フィルタで効果をつければそれなりの動画が簡単に作成可能。日常の何気ない時間を手軽に切り取り、それなりの出来映えでシェアできるのが魅力だ。まだ海外のユーザーが中心だが、「いいね」やコメントが付きやすいようにも感じる。

TwitterまたはFacebookのアカウントで認証するか、Viddyアプリでメールアドレスを登録してアカウント作成すれば、すぐに利用が開始できる。

Viddyの使い方

Viddy

ログインすると「ホーム」のページが表示され、投稿された様々な動画を見ることができる。

右上のビデオマークのボタンをタップすると、動画を編集して投稿する画面へ移行する。

Viddy

まずはスマホで動画を撮影するか、手持ちの動画をライブラリから選ぼう。

ここでは、ライブラリから使用したい動画をセレクト。

Viddy

続いて、トリミング。15秒以内に動画の長さを編集する必要がある。

画面下部のシーンのプレビューをスライドすることで、始点と終点を設定できる。

設定後、右上のグリーンの矢印をタップして進む。

Viddy

投稿した時に表示される画面となるサムネイルを選択する。下のプレビューから好みのシーンをタップしよう。

決まったら、上部のタブにある中央のボタンを押す。

Viddy

次に、動画にフィルタをかけることができる。

フィルタはビンテージ、白黒、ジャンクなど、10種類が用意されている。プレビューで効果を確認でき、ゲージでエフェクトの強さも調節可能だ。

決まったら、上部のタブ右の音符ボタンをタップ。

Viddy

今度はバックミュージックを選択できる。デフォルトでは16種類から選べ、試聴もできる。

著作権フリーの音楽や自作の曲などを付けることも可能なようだ。

Viddy

タイトルやコメントを書いて、位置情報、ハッシュタグ、共有先(Twitter、Facebook、YouTube等)などを設定。

右上のグリーンの矢印をタップして投稿が完了となる。

Viddy

このような形で投稿され、「いいね」やコメントなどがもらえるようになる。

YouTubeなどよりも手軽に、そしてInstagramなど写真にはない表現ができる「Viddy」。そう期待はしていなかったが、思いのほか楽しめた。

Android版のリリースを機に、国内でも利用者が増えていくのか注目していきたいサービスだ。