次世代Googleマップの世界では皆既日食が発生する

2013-05-30 18:42
記事タイトルとURLをコピーする

Googleマップ 地球

Googleマップで観る日食

今夏に一般公開される新しいGoogleマップを試すことはできただろうか?

新しいGoogleマップがやばい、宇宙から日常までが全部入り

新しいGoogleマップには、Googleアース相当の機能を統合することで、宇宙空間から見た地球を3Dグラフィックスで再現する機能が用意されている。

本日、その新しいGoogleマップで日食を再現できることが判明した。

過去の日食

まず、日本時間2013年5月10日8時45分ごろから50分ごろに起こった金環日食を再現してみる。

Googleマップ 日食

たしかに再現されている。

太陽に重なって新月の影の部分が見えていることが分かるだろう。

Googleマップ 日食

この日食はオーストラリア北部から中部太平洋にかけて観測できたもの。日食を観測できる場所は新月の影が地球上に落ちる場所だが、Googleマップ上で月の影が落ちている場所はオーストラリア北東の太平洋上。かなり正確であることが分かる。

未来の日食

では、今後観測できる日食はどうだろうか。

日本時間2013年11月3日22時ごろにアフリカ中部で観測できる金環皆既日食が、Googleマップ上でも正確に描写されているか確認してみた。

Googleマップ 日食

Googleマップ 日食

アフリカ中西部に月の影が落ちている。未来の日食もしっかり確認できることが分かった。

日食を観る方法

新しいGoogleマップで日食を観察する方法は非常に簡単。パソコンのシステム時刻を日食の日時に合わせるだけだ。

システム時刻の調整

日食を楽しんだ後は、時間を元に戻すことを忘れないようにしておこう。

月食は再現できず

それならば、月食も再現できるだろうか。

日本時間2011年12月10日23時30分ごろを中心に起こった皆既月食を観るために、システム時刻を調整してみた。

Googleマップ 月食

皆既月食の場合、月は赤銅色に見えるはずだが、Googleマップ上で地球の右上に見えている月は白っぽい光を放ったまま。このままでは少し残念だ。

実用性は皆無かもしれないが、ぜひGoogleには月食も正確に再現してほしいところだ。