ブックパスを解約・退会する方法 解約のベストタイミングは?

有料会員は日割り計算されない

KDDIが提供する、電子書籍サービスの「auブックパス」。雑誌や書籍が定額読み放題になる総合コースやマガジンコースには、初回30日間の無料期間も用意されています。ただ、無料で試してみたものの自分には合わなかったり、これまで有料会員を継続してきたけれど事情があってやめたかったりと、解約を検討中のユーザーもいるはずです。

本記事では、ブックパスの読み放題コースを解約・退会する手順を解説。サービスが停止するタイミングや日割り計算での返金といった、解約前に気をつけるべきポイントも合わせて紹介します。

ブックパスを解約する方法

ブックパスの読み放題プランは「総合コース」と「マガジンコース」が用意されていますが、いずれのコースも解約手順は同じでウェブサイトから手続きをおこないます。アプリ内からの解約はできないので注意しましょう。

ブックパスのウェブサイトにログイン

SafariやChromeなどのブラウザでブックパスのウェブサイトにアクセスし、下部にある「ログイン」タブを開きます。

ログイン画面が表示されたら、「ブックパス利用規約に同意する」にチェックを入れたうえで[au IDでログイン]を選択。次の画面でIDとパスワードを入力し、[ログイン]をタップします。

退会ページにアクセス

ログイン後、ブックパスのホーム画面に遷移するので、メニューボタン​→[マイページ]→[読み放題プラン退会]を順にタップします。

案内にしたがって退会手続きをおこなう

退会画面が表示されたら、退会前の確認事項などをチェックしながら、画面を下へスクロールして、[退会手続きを続ける]をタップします。次のページで[退会する]を選択すると解約完了です。

ブックパスを解約する際の注意点

ブックパスを解約する前に、無料期間や有料会員の契約期間、無料期間の再適用など、注意点をチェックしておきましょう。

無料期間終了後の料金発生のタイミングに注意

ブックパスの読み放題プランに用意されている無料期間は、登録日含む30日間です。無料期間が終了した翌日から、その月の月末までの日割り料金が発生するので、解約を考えている人は無料期間が終わる日にち覚えておきましょう。

有料会員は月の途中で解約しても返金はない(日割りもなし)

30日間の無料お試し期間が終了すると、翌日から有料会員に移行します。有料会員の初月は日割り料金の支払いとなりますが、翌月からは月額料金での支払いになります。

月の途中で解約した場合は、月末までの残り日数は日割り計算されずに1カ月分の料金が請求されます。利用頻度にもよりますが、解約手続きを忘れて次月分の料金が発生するよりも、月末の2~3日前といったタイミングで解約をおこなったほうがよさそうです。

解約完了と同時に読み放題対象のコンテンツが読めなくなる

読み放題プランの解約が完了すると、アプリにダウンロードしていたものを含め、読み放題対象の作品が読めなくなります。解約する前は、読み残しの作品や気になる作品がないか、確認しておきましょう。

解約はウェブサイトのみでおこなえる(アプリからは解約できない)

ブックパスの解約はウェブサイトのみでおこなうことができます。アプリから解約はできず、またアプリをアンインストールしても解約したことにはなりません。必ず、ブックパスの公式サイトから解約手続きをしましょう。

1カ月の無料お試し期間は初回のみ適用

初回登録時の画面

2回目以降の登録画面

読み放題プランの無料お試し期間は初回のみで、再登録した際は適用されません。

なお、同一のau IDで「総合コース」→「マガジンコース」、「マガジンコース」→「総合コース」といったように別の読み放題コースに初めて登録すれば、マガジンコースの無料体験が適用されます。

au IDを削除すると、読み放題プランが自動的に解約される

au IDを削除してしまうと、登録していた読み放題プランも自動的に解約されます。また、単品で購入した本も読めなくなるほか、「auうたパス」といったau IDを必要とするサービスも利用できなくなるため、au IDの削除は慎重に考えましょう。

EDITED BY
KON