Dolphinアドオン:簡単スクショ

2011-02-04 23:05
記事タイトルとURLをコピーする
Dolphin Browser HD(以下「ドルフィンHD」)は、アドオンをインストールすることで、機能を拡張し、便利なブラウザにすることができる。既に50を超える公式アドオンが提供されているが、その中からオススメのアドオンを紹介する。
今回は、こんなに簡単でいいのかというスクリーンショット機能を追加するアドオンScreen Cutを紹介する。

Webページのスクリーンショットを簡単に

screencut
Screen Cut

 Screen Cutは、ドルフィンHDで現在表示しているページのスクリーンショットを撮ることができるアドオンだ。いわゆる画面メモ系アプリはいくつかあるが、ページを画像として保存できるブラウザはほとんどないので、この機能が使えるというだけでドルフィンHDを利用する理由になるかもしれない。

ワンクリックでページの全てを画像化

screencut
起動はタスクバーから

 まず、Screen Cutをインストールしよう(アドオンのインストールの仕方はこちらの記事を参照)。
 次に、スクリーンショットを撮るには、Screen Cutを起動しなければならないが、画面右に隠れているタスクバーからしか行えないことに注意しよう。タスクバーにあるScreen Cutのアイコンを押すと、起動する。

screencut
保存先を選ぶ

 Screen Cutを起動すると、スクリーンショットのサムネイルと、保存先を指定するボタンが表示される。保存先は、SDカードシェアのどちらかを選択できる。

screencut
すぐに画像は保存される

 SDカードを指定すると、すぐにキャプチャされたスクリーンショットが保存される。なお、画像の保存先は
/sdcard/TunnyBrowser/Screenshotだ。

screencut
画面外の部分もキャプチャされる

 このScreen Cutがただの画面のスクリーンキャプチャと大きく違う点は、画面に表示されていた部分のみを画像化するのではなく、画面外の部分も含めて1ページ全てを保存することができることだ。部分的に画像を切り取るのは簡単だが、複数の画像を繋ぎ合わせるのはかなり面倒なので、この仕様は非常にありがたい。

screencut
他のアプリへデータをシェア

 Androidのアプリを使ってファイルを作ったり管理したりしていると、無くてはならない機能になってくるインテント(シェア)。Screen Cutもインテントに対応しており、保存先選択時に「Share」を押し、データを受け渡す先のアプリを選ぶだけでいい。前述の通り、ページ全体をキャプチャすることから、すぐに画像編集して使いたい場合が想定される。このため、ダイレクトにアプリへ画像を受け渡せるというのは、非常に使い勝手がいい。

Appllioメモ

Webページのスクリーンショットならコレ

 もしAndroid端末でWebページのスクリーンショットを撮りたいのなら、ドルフィンHDにScreen cutが現時点では最良の選択肢だ(ドルフィンminiにも同様の機能はあるが呼び出し方がほんの少しだけ面倒)。シンプルで使い勝手も抜群、特に非の打ち所がないオススメのアドオンだ。

アプリデータ

  • ジャンル:ツール(ブラウザ)
  • 価格:無料
  • 言語:英語
  • Androidマーケットの評価数:743(2011年2月4日現在)
  • Androidマーケットの評価:4.5(2011年2月4日現在)
  • レビュー時のバージョン:1.1
  • デベロッパー:Dolphin Browser Add-ons

Screen cut
Androidマーケットからダウンロード
(スマートフォンならタップも可)

通常版Androidマーケットからダウンロード

WEB版Androidマーケットからダウンロード