アプリ「Sky Map」夜空の星を眺めよう #Android

2012-01-15 23:03
記事タイトルとURLをコピーする
Sky Map-Android

おすすめのポイント

  • スマホを向けた方向にある星座や惑星を示すので、星を観測する際に役立つ
  • 磁気補正機能により、位置を把握している
  • GPSや手動によって位置を設定するのも可能
  • 星座や惑星の名称を検索すれば、矢印によって正確な位置を案内してくれる
  • 日付や時刻の変更が可能なので、過去と未来の星空を見られる

Androidアプリ レビュー

360度全方位対応、スマホを傾けて星空を見よう


android-Google Sky Map

スマホを向けた方向の星が映し出される

android-Google Sky Map

夜間モードに切り替え

星を見る時のガイドとして最適

Googleが開発し、2012年1月にオープンソースとなった天体観測アプリ。スマホを向けた方向にある星座や惑星を写真のように示し、名称や位置関係を教えてくれる。

照度を抑えた夜間モードに切り替えることもできるので、屋外で画面を見ても眩しすぎず、便利だ。もちろん、室内でも見られる。

位置は、磁気補正機能で把握している。GPSや手動によって位置を設定するのも可能。360度全方位に対応しており、画面の移動もスムーズだ。

また、天体を検索することも可能。星座や惑星の名称を検索すれば、矢印によって正確な位置を案内してくれる。

過去と未来の星空を見て楽しもう

タイムトラベル」という機能では、日付と時刻の変更ができる。この機能により、過去と未来の天体観測が可能だ。100年後の空はどうなっているのだろう、などと思いを馳せながら楽しむことができる。

表示の設定も可能で、「恒星」「「星座」「メシエ天体」「惑星」「Meteor Showers」「赤経/赤緯グリッド」「地平線」のオン・オフを切り替えられる。画面を2回タップすれば、写真のようにアイコンが7つ出るので、このアイコンを押して表示を調整するのも可能だ。

知的好奇心を満たす要素が多々あり、飽きさせない。子どもの学習にも使えるだろう。無料で提供されていることに驚く。