アプリ「CamCard」名刺をOCRで電子化して管理 #Android

2011-04-10 21:30
記事タイトルとURLをコピーする
CamCard-Android

おすすめのポイント

  • 名刺情報をOCRで電子化
  • アドレス帳に簡単登録
  • 日本語・英語・中国語・韓国語、他多言語に対応
  • 名刺データをQRコード化
  • Excel形式でのエクスポート等をサポート

Androidアプリ レビュー

名刺をAndroidで管理しよう

android-CamCard
認識率は十分な高さ

CamCard(名刺認識王)は、名刺の写真をOCR(Optical Character Recognition)で読み取り、データ化してくれるアプリだ。名前・所属・住所・連絡先などを自動認識してくれる。読み取ったデータは、端末のアドレス帳やGmailの連絡先などに保存することができる。

データには、「友人」「仕事」などのタグをつけて管理できるので、大量のデータでも便利に管理できるようになっている。

読取精度は十分に実用レベル

CamCardのOCRはかなり高い精度で読み取りをしてくれる。多少曲がって撮影しても、自動で補正してくれるため、大量の名刺もどんどん撮って、サクサク取り込むことができる。また、文字認識率もかなり高く、オーソドックスなタイプの名刺ならほぼ問題なく読み取れる。

サブ機能が豊富

CamCardの特徴として、サブ機能が豊富なところが挙げられる。

保存データに、名刺の裏の画像やメモを添付しておくことができたり、読み取ったデータをQRコード化することができる。もらった名刺にメモをつけている人は結構いると思われるが、Android端末を使ってその場でメモまでも電子化できるのは非常に便利だ。

他にも、Excel形式での出力機能など、これまでも電子化して名刺情報を管理していた人に嬉しい機能もしっかりサポートしている。