アプリ「Bizcaroid」名刺情報をOCRで電子化 #Android

おすすめのポイント

  • 名刺情報をOCRで電子化
  • データは電話帳に登録
  • EvernoteやFacebookと連携
  • Googleアカウントはマルチ対応
  • 日本語、英語ほか多言語対応

Androidアプリ レビュー

名刺を簡単電子化して管理

android-Bizcaroid OCR認識の精度は結構高い

Bizcaroidは、名刺を電子化して管理するアプリだ。OCR(Optical Character Recognition)によって、カメラで撮った名刺の画像から、必要な情報を抽出・電子化してくれる。個人情報を取り扱うアプリだけに、国内大手企業であるオムロングループの会社が開発したアプリという安心感がある点もポイントだ。

文字認識率はなかなか

文字認識率はかなり高く、小さい明朝体の文字などは誤認識することもあったが、十分実用に耐えうるレベルだ。さすが国産アプリだけあって、読み取った情報が名前なのか肩書きなのか、会社名なのかといった判別の精度も高い。電話・FAX番号、メールアドレスなども判別してくれる。

電話帳やEvernoteと連携

読み取った情報は、もちろん電話帳に登録することができる。有料版では、格納場所に本体のほか、Gmailアカウントやキャリアアカウントの指定が可能となっている。

注目はEvernoteとの連携だ。「名刺」タグを自動付与した上で、名刺画像をアップロードしてくれる。Evernoteにも優秀なOCR機能と検索機能があるので、驚くほど便利に名刺を管理できる。