アプリ「めしカメラ」料理を美味しそうに撮れる #Android

めしカメラ-Android

おすすめのポイント

  • 自動でおいしい料理写真が撮れる
  • 料理や店の記録や評価も残せる
  • 保存サイズも5種類で便利
  • 共有もワンタッチ
  • 湯気フィルタも搭載

Androidアプリ レビュー

自動で料理をおいしそうに撮ってくれるアプリ

android-めしカメラ
色調やコントラストを自動調整

「どうもおいしそうに見えない」——。スマートフォンカメラによって、手軽にきれいな写真を撮れるようになったものの、料理を上手に撮るにはけっこうコツが必要だ。高機能のカメラアプリは数あるが、設定をいろいろと調整してもおいしそうに撮れないことも多い。

とりわけ、クックパッドやブログ、twitter、tabelogといったところに料理の写真を公開している人などは、これが悩みの種だったりするのではないだろうか。そんな料理写真愛好家(?)を助けてくれるのが、この「めしカメラ」だ。

色調やコントラストを自動調整

料理の写真がおいしそうに撮れない原因は、色が青っぽくなったり、光源(ストロボや白熱灯など)、ホワイトバランス、フォーカスなどの問題であることが多い。しかし「めしカメラ」の撮影は簡単で、カメラボタンをタップするだけ。自動的に赤みを強くしたり、ホワイトバランスやフォーカスを調整して料理を引き立たせることで、実においしそうに撮ることができる。

さらに、温泉のようなボタンをタップすれば、湯気を追加することもできる。湯気の透明度も調節でき、料理の種類や雰囲気などによっては非常にリアリティが出る、便利な機能。

料理の記録もしっかり残せる

鉛筆マークをタップすれば、入力画面が表示されて店名や料理名、評価などの記録も残せる

また、画面下部の共有マークからは撮った写真をTwitterなどにシェアできる。保存する画像サイズは320、640、800、1024、1200があり、メール添付などで大きな画像を必要としない場合は、小さめのサイズにすることも可能だ。