ゲーム「麻雀 雷神 -Rising-」本格的に遊べるAndroid最高峰の3D麻雀 #Android

2011-10-23 11:30
記事タイトルとURLをコピーする
麻雀 雷神 -Rising--Android

おすすめのポイント

  • 3Dグラフィックが美しく、牌などの視認性も良好
  • 4人打ち麻雀、アリアリルールで固定
  • 勝ち抜き対局、フリー対局、オンライン対局で幅広く遊べる
  • COMは豊富なキャラと優秀なAIによる対人のような打ち筋
  • 段位システムや頻繁なキャンペーンで盛り上がる

Androidアプリ レビュー

非常に完成度の高い麻雀ゲーム

美しい3Dグラフィックと豊富なやりこみ要素、優れた操作性を備えた本格的な4人打ち麻雀ゲームが、この麻雀 雷神 -Rising-だ。勝つたびにより強い新しい相手が登場してくる「勝ち抜き対局」、相手を自由に選んで1局対戦する「フリー対局」、全国のプレイヤーとマッチングして通信対局できる「オンライン対局」が用意され、なんとこれが基本的に無料で楽しめてしまうのだから驚きだ。

勝ち抜き対局やフリー対局の相手となるCOMは、かなりレベルの高いAI(人工知能)を搭載している。キャラクターも多彩で、それぞれ手役や鳴きの傾向、打ちの押し引きといった筋が異なるので、まるで人と打っているような感覚を味わえるぞ。また、アガり役の回数からツモ・ロンのアガり傾向、テンパイ・リーチ・振り込みの傾向などの成績が細かく記録されていて、得意な形や弱点といった自分の麻雀スタイルが分析できる機能まである。

android-麻雀 雷神 -Rising-
美しく質感のある画面で、リアルな麻雀の雰囲気を再現。

捨て牌を間違えにくい視認性のよさ

操作性もすばらしい。打牌のテンポのよさ、心地よいサウンドはもちろん、鳴きのON/OFF、リーチをかけた後の自動捨て牌などの便利機能も搭載。満貫以上で振り込んだ時に雷が落ちる演出などもニクい。打牌はダブルタップで行い、最初のタップ時に選んだ牌が大きく表示される。ドラが光って見えるなど視認性がよく、捨て牌を間違えにくいのが嬉しい。ポン・カン・チー・ロン・ツモしたい場合は、その都度自動で出てくるボタンをタップすればOKだ。

なお、ルールは「東風戦・赤ドラあり・喰いタン後付けありのアリアリルール」で固定されており、街場のフリー麻雀荘のような感じだ(細かいルールについてはAndroid Marketの説明を参照)。ローカルルールを設定できれば最高だったが、それは欲を言い過ぎだろうか。

緊張感あふれるオンライン対局

さて、本アプリの醍醐味はオンライン対局にもある。簡単な会員登録が必要になるが無料アプリのためプレイヤーも多く、iPhoneやiPadのユーザーを含めた全国の猛者と緊張感のある熱い闘いが繰り広げられる。特に夜間は混雑のためか通信状況が悪い時もあるが、対戦相手はかなりの高確率で見つかり、それだけ人気のゲームである証拠だろう。

対局は東風戦または一局戦から選ぶことができるものの、原則的に有料の「ポイント」が必要になる。ポイントは追加キャラクターの購入に使え、これを対局時の賭けの対象にするのだ。東風戦では、低レート卓、中レート卓(300ポイント以上のBET)、高レート卓(1000ポイント以上のBET)が用意されており、低レート卓ではポイント0でも参加可能なオプションもあるぞ。

オンラインもオフラインも勝ち抜いていくと段位の認定があったり、開発元も頻繁にポイントキャンペーンを実施するなど、とにかくやりこんでしまう要素が満載の麻雀ゲーム。麻雀好きな人は必携のアプリだ。