アプリ「Conjure」目的のアプリ、トグル、連絡先、Web検索を予測検索ですばやく探し出すランチャー #Android

Conjure-Android

おすすめのポイント

  • 単語を入力することで、端末にまつわる様々な操作を検索・起動
  • Web検索はもちろん、アプリ、設定、コンタクトもカバー範囲
  • 何ワードか入れると候補予測を表示し、目的がすばやく見つかる
  • 検索履歴や学習機能で利用を重ねればよりスマートなランチャーに
  • 通知バーへの常駐やウィジェット設置も行える(Android3.0以上)

Androidアプリ レビュー

最も速くて賢いユニバーサルなランチャー

「Conjure」は、Google検索のような要領で、目的のアクションをアプリ、端末設定、連絡先、Web検索からユニバーサルに見つけ出し、一発起動できるランチャーだ。入力する単語の一部から候補を予測表示してくれたり、検索履歴も残せるので、使いこなせば最も速く賢いランチャーになりそうだ。

端末の設定(音量、Wi-Fi、Bluetooth、マナーモード、画面回転など)はその検索結果から直接ON/OFFや調節ができ、コンタクトは電話番号などの情報からも検索を認識してくれるので便利。アプリ自体は英語だが、日本語でもきちんと検索できる(ただし、端末設定は除く)。

検索履歴機能と予測表示が優秀

しばらく使っていると、その快適さがわかる(下記動画も参照)。まず、検索における候補予測表示が速くて的確。特にアルファベットであれば、数文字入力した時点で目的の項目を出してくれる。ほとんどのものが、直接起動または操作できるのも嬉しい。

さらに、検索履歴は単に履歴を残すにとどまらず、使用頻度に応じて優先表示してくれるため、場合によっては文字の入力すら必要ない。このような学習機能は、候補予測にも同様に働く。

「Conjure」アプリ自体の起動に関しても、設定から通知バーに常駐させることもできるし、ホーム画面へのウィジェット(検索履歴も表示するか否かも選択可)設置にも対応。ウィジェットでの利用は、本アプリの持つ機能を最適化してくれるだろう。