アプリ「Quick Launch Lock Screen」ロック画面からアプリなどを直接起動 #Android

Quick Launch Lock Screen-Android

おすすめのポイント

  • ロック画面から、最近使った5アプリ、カメラ、ウィジェット、電話などをすばやく起動でき、Google検索も直接できる
  • バイブ/サイレント/通常音量のモード切替がロック画面で行える
  • ロックの種類やデザインはICS風、背景の変更もOK
  • ロックスクリーンアプリは有料が多いなか、無料で利用可能

Androidアプリ レビュー

使い勝手のいいロック画面が無料で手に入る

android-quick_launch_lockscreen
シンプルなインターフェイスに好感がもてる。
android-quick_launch_lockscreen
ロックを上にスライドするとアプリランチャー。

シンプルなUIながら多くを起動できるロック画面

スマホのロック画面(ホーム画面に入る前の解除画面)をカスタマイズできるアプリの多くは、多機能ながら有料だ。無料のものもあるにはあるが、機能は少なめで拡張テーマの購入が必要だったりする。このQuick Launch lockscreenは、必要十分な機能を備えた無料のロックスクリーンアプリ。ロック画面からアプリ、ウィジェット、電話などを起動でき、検索や音量設定なども利用可能となっている。

ロック画面はAndroid4.0(ICS)風のすっきりしたインターフェイスで、デフォルトのテーマもなかなかクールなイメージ。ロックは三方向へスライドでき、左なら電話が、右ならカメラが起動でき、上ならロック画面が解除されてホーム画面へ移る。

直接検索や二層式のロックが便利

ロックが二層式となっているのも特徴。電話にスライドして少し置いたままにすると着信履歴がアイコン付きで表示されたり、右のカメラに保持したままにすればカメラ系アプリの選択コマンドが出る。上にスライド保持した場合は、最近使った5つのアプリが表示され、直接起動することが可能だ。

ロック画面解除の部分に重ねて、ウィジェットも設置できる。タップすればウィジェットを起動できるし、ロック解除時に触れても誤って起動することもない。ただし、複数設置やウィジェットサイズの変更などは行えない。

さらに上部の検索窓からは、キーワードを入力して直接Google検索が行えるのも便利だ(ブラウザも選択可)。下部のスライドでは、右にスライドをすることでサイレント/バイブ/通常と音量の設定を切り替えることができる。

見た目のカスタマイズ性アップはこれからか

android-quick_launch_lockscreen
設定画面もまだ項目が少ない分、わかりやすい。

設定ではロック画面の壁紙を自由に変更したり、ウィジェットの代わりに着信履歴のリストを表示させるようにすることなどが行える。デザインテーマも変更できる仕様にはなっているものの、現在は1種類のみしか用意されていないのが残念だ。これからの追加に期待したい。

アプリやウィジェットを好きな場所に設置するなどはできず、レイアウトやデザインのカスタマイズ性は未熟。ただ裏を返せば、あまり細かいカスタマイズは必要なく、手軽に便利なロック画面を使いたいという向きには、無料でもあり嬉しいアプリだろう。

なお、ロックスクリーン系アプリにはありがちだが、まだ端末によっては若干動作が不安定な場合もあることを付記しておく。