「TVer」がテレビの大画面で見られる、Amazon Fire TVシリーズやBRAVIAのAndroid TV機に対応

2019-04-08 17:20
記事タイトルとURLをコピーする

TVerがテレビの大画面で見られる、Amazon Fire TVシリーズやBRAVIAのAndroid TV機に対応

民放の公式テレビポータルのTVer(ティーバー)は2019年4月15日に、Fire OSやAndroid TVに対応した「TVer テレビアプリ」を提供開始します。これにより、AmazonのFire TVシリーズに接続したテレビやソニーのBRAVIAのAndroid TV搭載モデルにおいて、テレビの大画面でTVerの映像コンテンツが楽しめるようになります。

TVerは、在京民放5社(日本テレビ、テレビ朝日、TBS テレビ、テレビ東京、フジテレビ)が運営する見逃し配信サービス。現在は在阪民放5社(毎日放送、朝日放送テレビ、テレビ大阪、関西テレビ、読売テレビ)も含めた10社で連携し、約200番組を広告付きながら放送終了7日間は完全無料で視聴できます。

従来はiOSおよびAndroidアプリやウェブサイトでのみ視聴できましたが、今回これにFire TVシリーズやAndroid TV(BRAVIA)によるテレビ視聴が加わった格好です。なお、TVer テレビアプリの対象機種は、Amazon Fire TVシリーズと2015年以降に発売したAndroid TV搭載のソニーBRAVIAとなっています。

テレビ見逃し配信アプリまとめ、見逃した人気ドラマも無料で追っかけ