「Googleカレンダー」アプリ、目標達成を助ける通知・自動リスケジュール機能が追加

2016-04-13 20:42
記事タイトルとURLをコピーする

「Googleカレンダー」アプリ、目標達成を助ける通知・自動リスケジュール機能が追加

iOSおよびAndroid向け「Googleカレンダー」アプリにおいて、「週3回ランニングする」といったような個人的な目標を登録しておくと、自動でスケジューリングした上で予定を通知したり、延期した場合にリスケジュールしたりしてくれる新機能「Goal」が実装されました。

Googleカレンダー

画面右下の[+]ボタンから表示できる項目追加に[Goal]メニューが新設され、これを選択ししてタスクの種類や頻度・長さなどを答えていくと、目標を設定できます。

Googleカレンダー

タスクがカレンダー(スケジュール)に組み込まれ、随時プッシュ通知などで達成のサポートをしてくれるほか、急な予定が入った場合でも「DEFER」(延期する)を選ぶと、自動的に空き時間を見つけてリスケジュールしてくれます。

Goal機能は、Googleカレンダーのバージョン5.4以降に追加され、順次ロールアウトされます。