京王電鉄、座って帰れる座席指定列車を初導入 無料Wi-Fiや電源コンセントなど装備

2016-03-16 19:37
記事タイトルとURLをコピーする

京王電鉄、座って帰れる座席指定列車を導入へ 無料Wi-Fiや電源などを搭載

京王電鉄は、長距離区間に乗車するユーザー向けに、同社で初となる有料の座席指定列車を2018年春から運行開始すると明らかにしました。

勤務先や外出先から座って帰りたいというニーズに応えるもので、平日・土休日の夜間帰宅時間帯に新宿発・京王八王子行き、新宿発・橋本行きを運行します。

京王電鉄

座席指定列車の運行開始に向けて、新型車両「5000系」が50両(10両×5編成)導入されます。座席指定列車の時はクロスシートに、その他の運行時はロングシートへ転換できる座席を採用しています。空気清浄機や無料の公衆無線LAN、電源コンセントなどの各種装備も充実しています。

料金や列車名などの詳細については未定となっています。