Google、IoT機器向けAndroid(Brillo)を開発か、Google I/Oで発表へ

2015-05-22 12:36
記事タイトルとURLをコピーする

Brillo

Googleは、AndroidベースのIoT(Internet of Things:モノのインターネット)機器向けOSを開発し、5月28日におこなわれる開発者会議Google I/Oで発表するようです。The Informationが伝えています。

同OSは、内部では「Brillo」というプロジェクトネームで開発されており、Androidブランドの下でリリースされるといいます。このため、Android WearやAndroid Autoのような名称で発表されるとみられます。

現行のAndroidはスマホなどハードウェアに最低512MB程度のメモリを必要としますが、Brilloはわずか32~64MBのメモリで動作。スマート照明やドアロック、センサーといった主にスマートホーム関連の低消費電力デバイスが対象となりそうです。

IoT向けOSや機能では、Appleの「HomeKit」やMicrosoftの「WIndows 10 IoT Core」などがありますが、GoogleがBrilloによってどのようなIoT戦略を示すのか注目が集まります。