スマホでキック精度を磨く、アディダスが「マイコーチ スマートボール」対応のAndroidアプリをリリース

2015-05-19 8:48
記事タイトルとURLをコピーする

アディダス スマートボール

アディダスは先行してリリースしていた「マイコーチ スマートボール」対応のiPhoneアプリに続き、Androidアプリの提供を開始しました。

「マイコーチ スマートボール」は、3軸加速度センサーを内臓したサッカーボールで、キックスピード、回転数、回転方向、インパクト位置、飛行軌道データを取得します。Bluetooth経由でアプリと連動することで、自分のキックを可視化できます。

アディダス スマートボール

「マイコーチ スマートボール」の大きさは、中学生以降から使われる一般サイズの5号。通常使用(1日1時間)の場合、約1時間の充電で1週間程度バッテリーが持つようです。

フリーキックなどを練習しているときに、キックのデータがあれば参考になりますし、モチベーションのアップにもつながるでしょう。

ただ、中高生が気軽に購入できる価格ではないのが難しいところ。「マイコーチ スマートボール」はアディダスのショップやApple Storeで販売されていますが、いずれも3万5640円(税込)です。