アドビの"豆腐化"した有料Androidアプリ「Photoshop Touch for phone」、日本語が文字化けしたまま2か月経過 レビュー欄も荒れ模様

2015-02-10 22:45
記事タイトルとURLをコピーする

Photoshop Touch for phone

Adobe(アドビ)公式のAndroidアプリ「Photoshop Touch for phone」(450円)において、日本語表示の不具合が2か月以上も続いています。

日本語がまともに表示されない

Android 5.0(端末はNexus 5)の場合では、漢字フォントはいわゆる"中華フォント"で表示されるものの、ひらがな・カタカナが文字化け(豆腐化)します。

Photoshop Touch for phone

これでは、Photoshopを使い慣れているユーザーでも思い通りに画像を加工することは困難でしょう。

また、Android 4.4.4(端末はXperia Z3 Compact)の場合だと、アルファベット以外の文字は一部の画面を除いて表示されません。たとえば、アプリ初回起動時には次のように表示されます。

Photoshop Touch for phone

【追記:2015/2/10 23:12】

au Xperia UL SOL22(Android 4.2.2)のユーザーからの報告によれば、文字化け等の不具合は見られないとのことです。

レビュー欄は荒れ模様

Google Playストアのレビュー欄では11月下旬から数十件以上も不満の声が寄せられているものの、Adobeは不具合を修正していません。またAdobeは、日本語表示の早期修正を求めるレビューアーに対して「フォーラムで連絡してほしい」と返答しています。

Photoshop Touch for phone

しかし、フォーラムでは不具合報告が上げられているものの、未回答のままの状態。

Photoshop Touch for phone

レビュー欄では、ユーザーコミュニティであるフォーラムで有料アプリの不具合を報告するように指示するAdobe側の姿勢にも疑問が呈されており、メールでの問い合わせにも自動返信メールが届いたのみだという報告もあげられています。なかには「消費者センターに相談する」とするユーザーも出てきています。

アプリの全世界におけるインストール数は10万から50万程度で、日本のユーザー数は不明。最新のアップデート日時は2014年12月16日となっています。

なお、タブレット向けの「Adobe Photoshop Touch」でも昨年から同様の不具合が発生していたようですが、現時点では問題なく日本語が表示されています。