Googleマップが生誕10周年、これまでの軌跡を振り返る年表も公開

2015-02-09 20:17

Googleマップ

今や欠かせない地図サービスとなった「Googleマップ」が、2005年2月8日のサービス開始から10周年を迎えました。

Googleマップは、2005年2月8日にデスクトップ版として公開。2005年4月には米国向けにモバイル版、2005年5月に衛星画像によるGoogle Earthを、2007年5月にはストリートビューの機能を追加し、その範囲はどんどん広がっています。

2008年6月、GoogleマップやGoogle Earthに誰もが地域情報を編集できる「Map Maker」を公開。2009年10月にはAndroid向けアプリでナビゲーション機能を提供開始し、2012年12月にiOS向けアプリもリリースしています。

記憶にも新しい2014年6月、Googleはスカイサット衛星を開発・運用する衛星画像ベンチャーのSkybox Imaging社を買収。衛星画像をより短期間で更新し、高精細マップで地球を丸裸にできるほどに進化を遂げつつあります。

公式ブログでは、こうしたGoogleマップ10年の歩みを振り返る、年表スタイルのタイムライン画像も公開されています。