オリンパス、スマホから操作する一眼画質のレンズ交換式カメラ「OLYMPUS AIR A01」を発売

2015-02-05 20:12
記事タイトルとURLをコピーする

OLYMPUS AIR A01

オリンパスイメージングは、一眼画質とスマートフォンによる操作を両立するレンズ交換式カメラ「OLYMPUS AIR A01」を同社のオンラインショップ限定で3月6日から発売します。

AIR A01は、連動したスマホからの操作することにより撮影から画像加工、SNSへのアップまでを一環しておこなえる一方、ボディー本体にマイクロフォーサーズ規格のレンズを装着する交換式で、いわゆる一眼画質のクオリティも実現する製品となっています。

OLYMPUS AIR A01

AIR A01とスマホはWi-FiまたはBluetoothで接続し、スマホの画面をモニターとして使いながら、用途に応じて8種類の専用アプリ(iOS/Android)から撮影をおこないます。1,605万画素の4/3型LiveMOSセンサーを搭載し、本体のサイズは56.9×43.6×57.1mm、重さは147g(バッテリーとmicroSDカード含む)と軽量です。

オリンパスでは同製品をオープンプラットフォームカメラと謳っており、AIR A01のアプリ開発キット(SDK)や3Dデータをウェブサイト上で公開し、開発者らが新たなアプリやアクセサリーを制作しやすい環境も整えています。

価格はボディー単体が33,800円(税別)、14-42mm EZレンズキットが49,800円(税別)。いずれも、ボディカラーはホワイトとブラックから選択可能です。