Twitter、ブロックした相手からプロフィールページを見られないように仕様変更 「ブロックしたアカウント」リストも追加

2014-12-03 12:41
記事タイトルとURLをコピーする

Twitter

Twitterは米国時間2014年12月2日、より安心してサービスを利用できるようにするため、ブロック機能といやがらせ等の報告機能の改善を実施したと発表しました。

まずブロック機能ですが、Webの設定ページに「ブロックしたアカウント」を一覧できるリストページが追加されました。これまで「ミュートしたアカウント」の一覧ページはありましたが、ブロックしたアカウントを一覧することはできませんでした。

また、ブロック機能をより強化し、ブロックしたアカウントから自分のプロフィールページを閲覧できないようになりました。ブロック機能の趣旨からすれば順当な仕様変更かもしれません。

Twitter ブロックされた場合

さらに、いやがらせ等の報告機能の手順が簡素化され簡単に利用できるようになるとともに、いやがらせを受けている本人以外の第三者からも報告できるようになりました。

これらの新機能は数週間以内に全てのユーザーが利用できるようになる予定です。