ソフトバンクが「アメリカ放題」を開始、米国で通話・ネットし放題

2014-09-17 10:54
記事タイトルとURLをコピーする

アメリカ放題

ソフトバンクは9月17日、米国スプリントのネットワークで、ソフトバンクのユーザーが日本国内と同等の料金で音声通話とデータ通信を利用できる「アメリカ放題」を9月19日より開始すると発表しました。

「アメリカ放題」は、スプリントのネットワークならアメリカ本土(アラスカなど一部地域を除く)やハワイ、プエルトリコ、バージン諸島(アメリカ領)で、日本にいる時と同等の料金でモバイルコミュニケーションが楽しめるサービスです。サービス利用料は月額980円。対象機種は、ソフトバンク指定のスプリントネットワーク対応スマートフォンです。

ソフトバンクは、「アメリカ放題」の開始を記念して、サービス利用料無料で本サービスを利用できるキャンペーンを実施します(申し込み不要)。そして、キャンペーン終了後も「スマ放題」データ定額パック(データ量5GB以上)に加入のユーザーには、無料(申し込み不要)で「アメリカ放題」を提供します。

W-CDMA事業者がCDMAネットワークで国際ローミングを行うのは世界で初めてです。

スマホの新規申込・機種変更