「iPhone 6 Plus」のサイズが1万円札とほぼ同じであることを確かめてみた

2014-09-10 18:34
記事タイトルとURLをコピーする

iPhone 6 と iPhone 6 Plus の型紙

米メディアArstechnicaが、iPhone 5、iPhone 6、iPhone 6 Plusの型紙を作成し、PDFファイルで配布しています(上の画像はPDFファイルをプリントアウトしたもの)。

そこで、いま「大きい」と話題になっているiPhone 6 Plusのサイズを画面上だけではなく実際に体験するため、型紙を切り出してみました。

iPhone 6 Plus の型紙

ただ、比較するモノがないと大きさが分かりづらいので、比較対象として、ツイートが話題になっていた1万円札を選びました。

せっかくなので、型紙のディスプレイ部分は切り抜きました。そして、1万円札の上に型紙をきれいに重ねてみたのが下の写真です。

iPhone 6 Plus の型紙と1万円札

たしかに、ほぼ同じ大きさで、余りがほとんどありません。iPhone 6 Plusの大きさを実感したい場合は、1万円札を手に取ってみればよいということですね。

ただし、1万円札が1枚だと厚みまでは再現できません。厚みを確かめたい場合は、新札で71万円を用意すれば、iPhone 6 Plusと同じ7.1mm程度の厚さとなります。

なお、ディスプレイの部分にiPhone 5sを置いてみると、以下の写真のようになりました。

iPhone 6 Plus の型紙とiPhone 5s