LINE、米セールスフォースと提携へ ユーザー属性別に広告配信

2014-06-10 9:30
記事タイトルとURLをコピーする

LINE

LINEが米セールスフォース・ドットコムと提携する。日経新聞が10日、報じた。

今回の提携によって、LINEの公式アカウントとセールスフォースのクラウド型顧客管理システム(CRM)を連携できるようなる。

具体的には、セールスフォースがクラウド上で顧客情報を管理するCRM「Salesforce ExactTarget Marketing Cloud」をLINE ビジネスコネクトと連携させることで、公式アカウント登録ユーザーの情報と自社保有の顧客情報を連結させ、LINE上で居住地や年代、性別などのユーザー属性別に広告を配信できるようにしたり、アクティブ率や開封率の高い効果的なメッセージを届けることができるようになる。

公式アカウントを開設している企業は、LINE ビジネスコネクトを利用する際に、「Salesforce ExactTarget Marketing Cloud」を通して広告やメッセージなどを配信できるようになるわけだ。これによって、LINE ビジネスコネクトの開発負担の軽減と導入の促進が図られることになる、と両社は説明している。まずは日本から対応する。

セールスフォースは、クラウド上で顧客管理システムなどを提供する企業。LINEは同社と提携することで、プライベートなメッセンジャーサービスを企業がより効果的に活用できるようにする。

※追記:11時ごろ、LINEとセールスフォース・ドットコムの両社から提携に関する公式発表あり。記事を一部修正した。