改悪それとも改善? Google Playストアでアプリの権限表示が簡略化

2014-06-05 16:07
記事タイトルとURLをコピーする

権限(Permission)

Google PlayストアにおいてAndroidアプリをダウンロードする際、要求される権限が簡略化されて表示されるようになった(Web版は仕様変更済み、ストアアプリは順次ロールアウト中)。

最も重要な権限を優先的に表示

Androidには、連絡先情報の読み取りなど特定の機能をアプリに悪用されないよう、インストール前にアプリにそれらへのアクセスを許可するか否か確認する「権限(Permission)」と呼ばれる仕組みがある。

従来のPlayストアでは、アプリの[インストール]ボタンを押した時に権限の一覧が表示されていたが、今回Googleはユーザーにわかりやすくするために、権限グループと権限の概要だけを表示するよう簡略化した。

具体的には、各グループをアイコン(例:位置情報)で識別し、重要な権限が優先的に上のほうに表示されるようになっている。

一方、かつて表示されていた一部の権限は、Playストアのアプリレビューシステムやスキャンシステムを介して不正使用がないかチェックされるため、インストールの際に表示されなくなったという。

権限(Permission)

たとえば、重要な権限の一つ「インターネットへのフルアクセス」は、インストール時に表示されなくなった。ただ、Playストアのアプリ説明ページ下部にある「その他の情報」欄の[詳細を表示]から、それら個々の権限を確認することは可能。また、権限グループに含まれる権限の詳細についても、ここに記載されている。

これまで、アプリのインストール時に危ない権限はないか自ら判断していたユーザーにとって、かなり面倒になる仕様変更かもしれない。しかし、Playストアのスキャン精度を信頼する前提に立つなら、ユーザーはアプリに対して何を許可するのか理解しやすくなったという点で、改善されたという見方もできそうだ。