Google、ストリートビュー機能を他社製アプリに開放

2014-05-08 11:06
記事タイトルとURLをコピーする

Google Play開発者サービス

Googleは7日、アプリ開発者向けにGoogleの各種機能を提供するアプリ「Google Play開発者サービス」をバージョン4.4にアップデートした。

ストリートビュー機能を開放

アップデートの目玉は、Google Maps Android APIの更新。これによって、サードパーティ製アプリがストリートビュー機能を利用できるようになった。

Googleマップ ストリートビュー

アプリにストリートビューを組み込めるようになったことで、地図機能を利用していたアプリはユーザー体験の向上を図ることができるようになるだろう。

その他、インドアマップ機能の改良もおこなわれている。

行動認識機能に2パターン追加

また、これまでロケーションAPIが利用できた自動車・自転車・徒歩などを認識する機能に、新たにランニングとウォーキングが追加された。運動支援アプリやヘルスケアアプリに活用される見込みだ。ゲームで活用される事例も期待してよいかもしれない。

その他、モバイル広告などのAPIを強化

モバイル広告からアプリ内課金を可能にする機能が追加された。

その他、ゲームサービスにおけるギフト機能の強化、Googleウォレット機能の改善などもおこなわれている。