関西電力系ケイ・オプティコムも格安スマホ 月額3,000円程度でKDDI回線

ケイ・オプティコム

関西電力系の通信会社ケイ・オプティコムが、今夏にもMVNO方式で格安スマートフォンを発売することが明らかになった。新聞各社が報じている。

異業種の参入が相次ぐ

利用料金は、端末代金を含めて月額3,000円程度と大手キャリアの半額以下に抑える。MVNO(仮想移動体通信事業者)方式で提供され、キャリアの通信網にケイ・オプティコムのインターネット設備を接続。利用者は、SIMカードと端末を受け取って使う。従来多かったドコモ回線ではなく、KDDIの回線を使う方向で調整しているという。

ケイ・オプティコムは、関西2府4県の光回線サービス(戸建て向け)では約5割のシェアを握っているが、市場の伸びが鈍化しており、新たに携帯電話事業へ参入する。インターネットなどを通じ、全国への販売を検討しているという。

最近では大手キャリアの高止まりするスマホ料金を背景に、イオンなど異業種が格安スマホを提供する動きが目立っている。ケイ・オプティコムでは、光回線とXperia TabletやARROWS Tab(Wi-Fi)をセットにしたサービスは提供しているが、今回の格安スマホではどのような端末を用意するかも鍵になりそうだ。