Twitter、批判に1日も耐え切れず―ブロックの仕様変更を早くも撤回

2013-12-13 14:50
記事タイトルとURLをコピーする

ユーザーのブロック

Twitterが「ユーザーのブロック」の仕様を変更したことが明らかになったが、これについて撤回すると発表した。

報復防止に有効な仕組みを模索

仕様変更の内容は、ブロックされたユーザーがブロックした側のユーザーのツイートを閲覧できるようになったり、ブロックしてもブロックされたユーザーの自分へのフォローは外れず、自由にフォローやツイートへの反応が可能になる(非公開の場合を除く)といったものだった。

Reverting the changes to block functionality
Earlier today, we made a change to the way the “block” function of Twitter works. We have decided to revert the change after receiving feedback from many users - we never want to introduce features at the cost of users feeling less safe. Any blocks you had previously instituted are still in effect.
Twitter Blog

だがTwitterは本日、ユーザーからの批判的なフィードバックを受けて、上記のように今回の変更を元に戻すと発表した。仕様変更について安全だと感じないユーザーを犠牲にしてまで、変更を導入することは望まないと述べている。なお、これまで行ったブロックは、従来通り有効となる。

ただ、今回の仕様変更についてTwitterは、相手をフォローできなくなったことなどでブロックされたことを知ったユーザーが攻撃的になることを防ぐ目的で採用しており、変更を元に戻すことは理想的でないとしている。今後も、こうした問題をいかに回避し、ユーザーを保護する仕組みを構築するか、方法を模索していくという。