東京人は必須アプリに、「乗換案内」が都内700駅のトイレマップ収載や路線バス検索の無料化などに対応

2013-12-10 23:59
記事タイトルとURLをコピーする

乗換案内

乗換案内」アプリがメジャーアップデートされ(v1.7.0)、路線バス検索に対応したほか、書籍『ピンチ!マップ東京』の収載情報を搭載するなど、かなりのパワーアップをみせている。Android版から提供され、順次iPhone版でも利用可能となる。

人気書籍『ピンチ!マップ東京』の情報を収載

今回のアプデにより、290社以上の路線バスを利用した検索が無料でも使えるようになっている。バス停名を入力し、経路検索を行ったり時刻表を確認することができ、利便性が大幅に向上した。

乗換案内

さらに、書籍『ピンチ!マップ東京』(マイナビ刊)に収載されている、“駅でのピンチに役立つ”トイレ情報などを搭載。本書は、IBS(過敏性腸症候群)の悩みを抱える編集者が企画したことなどが注目され、異例の反響を呼んだ人気書籍。それゆえアプリ化への要望も多く、今回の「乗換案内」へのデータ提供でそれを実現する格好となった。

これにより、東京23区内のJR、私鉄、地下鉄約700駅の駅構内のトイレの場所をはじめ、男性用/女性用/多機能などのトイレ種別や和式/洋式、その設置数駅などを調べられる。

また、構内のATMやコンビニ、売店の情報、駅周辺のタクシー乗り場もアプリ内でチェック可能となっている。これまでにない詳細な駅構内および周辺情報が無料で提供されており、都内の駅の利用頻度が高いユーザーなら入れておいて損はないだろう。