ドコモが携帯ネットワークを使わないスマホ通信手段を開発、災害時やイベント時などに活用

2013-11-21 16:16
記事タイトルとURLをコピーする

ドコモ

NTTドコモは21日、携帯電話ネットワークを介さずに情報をやり取りできる「アドホックモード」で、Androidスマートフォン同士での近距離通信が可能な新たなコミュニケーション手段を開発したと発表した。

この新しい通信手段は、スマートフォンなどに搭載されたBluetoothを使った音声やパケット通信などの携帯電話のネットワークを介さない「アドホックモード」により、近距離に存在するスマホ同士で情報の伝達をすることが可能となるもの。

混雑したイベント会場でのチャットや伝言、災害時の携帯通信網が機能しない状況での一斉情報伝達など、特定の場所に集まった人々の間での情報交換の手段として活用が想定される。

ドコモでは今後、この通信手段の有用性・実用性の検証を進めていくという。