LINE、フィリピン救援金用の寄付スタンプ「Pray for the Philippines」を全世界で販売開始

2013-11-15 20:03
記事タイトルとURLをコピーする

Pray for the Philippines

LINEは2013年11月15日、フィリピン中部を直撃した台風30号による被災地の救援金とする有料スタンプ「Pray for the Philippines」(全8種類)の販売を開始した。

「Pray for the Philippines」の決済手数料を除いた売上の全額が、フィリピン赤十字社を通じて台風30号によるフィリピンの被災者を救援・復興する事業の支援として寄付されるという。

Pray for the Philippines

価格は0.99ドル(全世界共通/日本円:100円、LINEコイン:50コイン)だが、フィリピンのみ無料配布となる。自分用のほか、友だちへのプレゼントも可能だ。

スタンプ販売期間は2013年11月15日~12月31日の予定で、まずはAndroid版LINEにて先行発売され、追ってiOS版LINEでも公開。LINEアプリ内「スタンプショップ」から購入できる。