JAL、国内線で初の機内Wi-Fiサービスを2014年夏に導入

2013-10-29 13:04

JAL

日本航空(JAL)は、国内線で初となる機内Wi-Fiサービスを2014年夏から開始する。

米gogo社による衛星ベースのインターネット接続サービスを利用し、搭乗客の各Wi-Fi対応デバイスでメールやインターネット閲覧などが行えるようになる。

対象となる機体は、国内線ボーイング777-200/-300型機、国内線ボーイング767-300/-300ER型機、国内線ボーイング737-800型機の合計77機を予定。有料の提供となる見込みで、サービスの詳細は2014年1月下旬に発表される。

なおgogoの衛星接続サービスは、すでにアメリカン航空、エア・カナダ、エアトラン航空、デルタ航空、フロンティア航空、ユナイテッド航空、USエアウェイズ、ヴァージン・アメリカなどでも採用されている。