ドコモ、開発者向けAPI提供サイトを開設へ しゃべってコンシェルの技術を無償で利用可能

2013-10-18 22:54
記事タイトルとURLをコピーする

docomo

ドコモは、スマホサービスの開発者向けにドコモ保有APIを利用できるWebサイト「docomo Developer support」を、2013年11月11日より開設する。

ドコモのスマホ向け音声エージェントサービス「しゃべってコンシェル」で利用されている「音声認識」「知識Q&A」のAPIの他、新開発の「雑談対話」APIを初めて提供する。その他、「文字認識」「環境センサー」APIも提供される。

API名称 概要
音声認識 電話機に向かって発声した音声を認識し、内容をテキスト化するAPI
文字認識 画像に書かれている単語とその位置を認識するAPI
雑談対話 会話文のテキストをもとに、自然でバリエーション豊かな雑談エージェントによる応答をテキストで返すことができるAPI
知識Q&A 質問文のテキストをもとに、質問の意図を解釈し、データベースやWebサイトを検索して用意された回答をテキストで返すことができるAPI
環境センサー ドコモ環境センサーネットワークにて観測した全国の環境情報(気温・降水量)の実況値を取得できるAPI

利用料金は無料。実際にどの程度の開発者がAPIを利用することになるのかは未知数だが、ユーザとしては面白いアプリの登場などに期待したいところ。

ドコモは今後、SDKなどの開発支援ツールの提供や技術的な問い合わせ窓口の設置により、開発者支援を行っていくとのことだ。