マツダ、スマホ連携の車載システムを搭載した新型アクセラを発表

2013-09-24 19:50
記事タイトルとURLをコピーする

Mazda Connect

マツダは、スマホと連携する新世代カーコネクティビティシステム「Mazda Connect(マツダコネクト)」を、今秋発売の新型「マツダ アクセラ」から搭載する。

車内インフォテインメント「Aha」を利用可

Mazda Connectは車載ソフトウェアの更新により、機能追加やスマホ側OSの進化に対応できる「古くならないシステム」。さらに、自動車用ウェブコンテンツのクラウド・プラットフォーム「Aha by HARMAN」が利用できるのも特徴だ。

Mazda Connect

Ahaは車内インフォテインメントとして、インターネットラジオ、ポッドキャスト、オーディオブック、SNS(Facebook、Twitter)、各種LBS(位置情報サービス)など、世界40,000局以上のウェブコンテンツを使いやすいインターフェースで安全に提供する。

無料アプリ「Aha radio」をダウンロードしたスマホをクルマに接続して使用するが、すでに欧米を中心とする世界50カ国以上で、10社以上の自動車メーカー・ブランドと地域ごとに提携している。

Ahaはアクセラの発売に伴い、日本および複数のアジア・中南米諸国に新規参入する予定で、日本において新型アクセラは、スマホと連携してインターネットラジオなどを利用できる車載器を標準装備した初の車種となる見込みだ。