週刊少年ジャンプのアプリ「ジャンプLIVE」がリリース、DBの復刻連載や作家同士のコラボも #Android #iPhone

2013-08-01 23:57
記事タイトルとURLをコピーする

「ジャンプLIVE」

週刊少年ジャンプの増刊号のようなアプリ「ジャンプLIVE」が8月1日にリリースされた。アプリのコンテンツは8月1日から30日間毎日更新され、新しい漫画が毎日届く。雑誌のような感覚をスマホで楽しめるのが魅力だ。

すべてのコンテンツを見るには有料パスが必要だが、今なら通常250円が100円で提供されている。8月7日までの期間限定価格のようなので、今のうちに入手しておきたい。有料パスがあれば、30日間の更新を終えた後もアプリからいつでもコンテンツを楽しむことが可能だ。

「週刊少年ジャンプ」を読んでいた大人も楽しめる

「ジャンプLIVE」

毎日1話ずつ配信で復刻連載される『DRAGON BALL』や『こちら葛飾区亀有公園前派出所』のほか、CLAMPや矢吹健太朗など豪華執筆陣による描き下ろし作品も配信され、ボリューム満点。

『黒子のバスケ 国民投票』や『うすた京介描き下ろしのダメなマスコットキャラをみんなで何とかしよう企画』、『トリコ×テラフォーマーズ対談』、『ジャンプ魂G!出張版 大喜利大会』といった企画にも注目だ。

荒木飛呂彦が松井優征にパスタを食べさせるコラボ作品の「荒木飛呂彦パスタを作る(動画)」「松井優征パスタを食べる(漫画)」も見ておきたい。

また、LINEマンガでは「ジャンプLIVE 0号」をダウンロードするとジャンプキャラクターの限定スタンプがもらえる。こちらは今月末まで。

アプリ「ジャンプLIVE」をダウンロード
ジャンプLIVE