日本HPが13,860円のタブレット「Slate7」発売、Beats Audioも搭載

2013-07-29 18:23

HP Slate7

日本HPは29日、7インチのAndroidタブレット「HP Slate7」など3製品を発表した。8月6日より順次発売となる。

価格も魅力的

「HP Slate7」は“世界初、Beats Audio搭載ミュージック・プレイヤータブレット”のキャッチコピー通り、音楽や動画の再生、ゲームなどの用途で重低音の効いた高品質なヘッドフォンサウンドを実現する「Beats Audio」に対応しているのが特徴。

プロセッサは、ARMのCortex-A9 デュアルコア 1.6GHzを搭載。7インチのディスプレイ(1,024×600ピクセル WSVGA)には広い視野角と野外での視認性に優れた「HFFSパネル」を採用し、カメラを前面と背面(300万画素CMOS)の両方に備える。

HP Slate7

シルバー、レッドの2色展開となり、サイズは197×116×10.7mm、質量は約370gとなる。RAMは1GBで、内蔵ストレージは8GBと16GBのモデルが用意される。また、最大32GBまで使用可能なmicroSDカードスロットも備えた。Android 4.1を搭載する。

8GBの直販モデルの価格は13,860円~、16GBの量販店モデルは2万円前後(店頭想定価格)。前者は8月6日より受注開始し8月下旬出荷予定、後者は8月下旬の販売開始となる予定だ。

このほか、タブレットとしてもノートPCとしても使えるハイブリッドPC「HP SlateBook10 x2」(予価5万円前後)、フルHD対応の21.5インチ大画面ディスプレイを搭載したオールインワンPC「HP Slate21」(予価4万円前後)も9月上旬に発売される。