今年もLINEで「クリスマスなに」と送るとトークにクリスマス背景が出る隠し機能が登場、「出ない」ときの対処法も【2018年】

2018-12-10 20:00
記事タイトルとURLをコピーする

2018年もLINEで「クリスマスなに」と送るとトークにクリスマス背景が出る隠し機能が登場、「出ない」ときの対処法も

昨年に続き今冬もLINEのトークに「クリスマスなに」または「クリスマス何」を含むメッセージを送ると、背景が暗くなりLINEのキャラクターがクリスマスを祝うイラストが出現するようになっています。片思い中の人はもちろん、家族やカップル、お友だち同士のLINEトークなどで送り合って楽しめそうです。

残念ながら、今回のクリスマスのサプライズエフェクトでもAndroid版やPC版のLINEには対応しておらず、iOS版のみ表示が可能です。なお、iPhoneやiPadを使っているのにクリスマス背景が出現しない時の対処法についても紹介します。

出し方は「クリスマスなに」または「クリスマス何」

クリスマス演出の出し方はとても簡単。トーク画面で「クリスマスなに」または「クリスマス何」を含むメッセージを送るだけです。自分と相手(グループを含む)のトーク背景が切り替わり、クリスマスの装いのブラウンやコニーらがパッと表示されます。

2018年12月17日現在、「なに」の部分を含めない「クリスマス」「Xmas」「Christmas」などの単体キーワードでもクリスマス背景(エフェクト)が表示されるように変更されています。

クリスマス 何してる なにしてる LINE クリスマスエフェクト

「クリスマスなに」「クリスマス何」を含むメッセージを受信した相手側でも、トーク画面を開いたと同時にクリスマス背景に切り替わるようになっています(エフェクトは1種類のみ)。

ただし、一緒に楽しむには、相手方もiOS版LINEである必要があります。Android版LINEユーザーから対応メッセージが送られてきた場合でも、自分がiOS版LINEを利用しているなら、クリスマス演出が見られます。

昨年からの変更点はキーワード。「クリスマスなにしてるの」「クリスマス」「サンタ」から、今年は語尾や問いかけを限定しない2種類のキーワードへと変更されました。後ろに続く文章の選択肢が広がり、標準語に限らず敬語の「クリスマス何してますか?」や方言の「クリスマスなにしよーと?」などにも対応できるようになりました。

クリスマスのサプライズエフェクトには「LINEのメッセージ1通が大きな勇気の1歩目になり恋が動き出してほしい」という願いが込められているそう。せっかくのこの機会、LINEの粋な隠し機能を活用して、気になるあのひとにLINEを送ってみても良いかもしれません。

クリスマス背景が「出ない」ときの対処法

iOS版のLINEアプリを最新バージョンにアップデートした後、「クリスマスなに」または「クリスマス何」と送ったり送られたりしてもトーク背景にクリスマス演出が表示されない場合、まずはLINEもしくはiPhone本体の再起動を試してみましょう。これだけで改善される場合があります。

iPhoneの電源の入れ方と切り方、オン/オフで再起動する方法

なお、着せかえや自前のトーク背景画像を適用している場合でも、筆者の環境ではクリスマス背景が確認できています。ただし、一部の着せかえやトーク背景画像については例外である可能性があります。

再起動をおこなってもクリスマス背景が表示されないときには、まだ同機能が順次配信されているというケースもあり得るため、しばらく待ってみてください。

EDITED BY CK