Androidスマホのライト(懐中電灯)のつけ方・消し方 明るさ調整の方法も

撮影時や非常時などに素早くライトを付けるには

ほとんどのスマホには、背面にカメラの撮影ライト(フラッシュライト)が備わっています。このライトは、懐中電灯の代わりとしてだけでなく撮影時にも利用できます。

暗闇で物を探す場面で役立つほか、停電したときに明かりを確保する手段としても有効でしょう。本記事では、Androidスマホでフラッシュライトをつける/消す方法を5つ紹介します。また、ライトが付かない・消えない時の対処法も紹介しています。

なお、iPhoneでのライトの付け方・消し方については以下の記事を参照してください。

iPhoneを「懐中電灯」として使う方法──フラッシュライトの点け方から消し方、明るさ調整まで全解説

Androidスマホのライトの付け方・消し方まとめ

Androidスマホでライト(懐中電灯)を付ける方法・消す方法は以下の通りです。

最も定番の付け方・消し方はクイック設定パネルを使った方法です。ライトの明るさを調整したり、ライトの色を変えたりしたい場合は、サードパーティ製のアプリを活用します。

方法1:クイック設定パネルからフラッシュライトをつける・消す

Androidスマホでカメラのフラッシュライトをつけたり消したりする操作は、基本的にはどの端末も手順は同じです。

まず、画面を上から下にスワイプして「クイック設定パネル」と呼ばれる部分を表示させます。あとは、懐中電灯マークのボタンをタップすれば、カメラのフラッシュライトが点灯します。懐中電灯ボタンをもう一度タップすると、ライトが消灯します。

スマホのロック中でも、同じ手順でクイック設定パネルを呼び出し、ライトのオン/オフを切り替えられます。なお、Android標準のフラッシュライト機能では、明るさ・光量の調整はできません。

クイック設定パネル上に懐中電灯マークが見当たらない場合は、パネルをさらに下にスワイプしてください。すると隠れていたボタンが表示されるので、ここから懐中電灯マークを探しましょう。

それでも懐中電灯マークが見当たらない時は、クイック設定パネルの編集を試してみてください。

クイック設定パネルのペンアイコンをタップすると、クイック設定パネルを編集できます。編集可能の項目が表示されるので、懐中電灯マークを探してクイック設定パネルに配置しましょう。

方法2:Googleアシスタントに「ライトをつけて」と話しかける

Googleの提供する会話型AI「Googleアシスタント」を利用する手もあります。スマホに「OK, Google(オーケー、グーグル)」と話しかけるか、ホームボタンを長押ししてGoogleアシスタントを起動してください。

また、Android端末によっては本体横のアシスタントキーからGoogleアシスタントを起動することもできます。

Googleアシスタントが起動したら、次のようなキーワードを伝えてみましょう。

  • 懐中電灯をつけて/消して
  • ライトをつけて/消して
  • 懐中電灯をオン/オフ
  • ライトをオン/オフ

上手く認識されれば、指示に従ってスマホのライトが点灯するはずです。

方法3:端末を振ってライトをつける・消す

自動化アプリ「MacroDroid」を使えば、スマホを振るだけでフラッシュライトを点灯できます。すぐに明かりが欲しい状況や、頻繁にライトを起動させなければならない場面で役立つでしょう。

アプリ「MacroDroid」をダウンロード

「MacroDroid」アプリをインストールしたら、起動して[マクロを追加]をタップします。

トリガー項目の右端にある[+]ボタンを選択。トリガーの一覧から[センサー]を選び、展開したメニューで[機器本体をシェイク]をタップしてください。

再びマクロの作成画面に戻るので、「アクション」項目の右端にある[+]ボタンをタップします。アクションの一覧から[機器の操作や動作]を選択。展開したメニューで[トーチをON/OFF]をタップしてください。

「バックグラウンド動作」と「フォアグラウンド動作」の選択肢が表示されます。どちらを選んでもライトの発動には影響しないので、どちらかにチェックを入れて[OK]をタップしましょう。

続く画面では「トーチを切り替える」にチェックを入れて、[OK]をタップしてください。

最後にマクロ名を入力して、画面右下の確定ボタンをタップします。広告動画が流れるので、見終わってから広告画面を閉じてください。

「ホーム」画面に戻って「マクロ」タブを開くと、作成したマクロ名が表示されるはずです。スイッチがオンになっていることを確認したら、MacroDroid側での操作は終了です。あとは端末を振ってライトのオン/オフを切り替えられるか、確認してみましょう。

方法4:懐中電灯アプリを使う

Androidスマホの標準搭載ではライトを点灯させるだけに留まりますが、サードパーティアプリを使えば、ライトを点滅させたり、画面を明るくしてスクリーンライトとして利用したりといったことも可能です。

筆者のおすすめは「シンプルな懐中電灯」です。要求する権限も最低限で、煩わしい広告表示などもありません。

アプリ「シンプルな懐中電灯」をダウンロード
おすすめポイント
  • 機能がシンプルで操作がわかりやすい
  • 広告が表示されない
  • スクリーンライト機能でスマホ画面を懐中電灯化できる
  • スクリーンライトの色を自由に変えられる
  • フラッシュライトを点滅させられる

その名の通り、必要最低限の機能が揃ったシンプルなライトアプリです。一般的に使うライト機能は通常のフラッシュライト点灯に加えて、(1)フラッシュライトの点灯、(2)スクリーンライトの点灯、(3)フラッシュライトの点滅の3つのみ。スッキリと見やすい画面が特徴です。また、SOS点滅も利用できます。

(2)のスクリーンライトを起動させると、真っ白な画面が最大輝度で表示されます。これが簡易的な懐中電灯として機能するわけです。中央の「色を変更」ボタンをタップすれば、上の画像のように用途に合わせて映し出される色を変えられます。

なお、普段から画面の輝度を低めに設定していても、スクリーンライトの起動中は自動的に最大出力の明るさで表示されるようになっています。

リング型ボタンをタップすると、カメラのフラッシュライトを点滅させられます。下に表示されるスライドを左右に動かせば、点滅の間隔を調整することも可能です。「SOS」ボタンからも同様にライトを点滅させられますが、間隔の調整はできません。

ちなみにバックグラウンドで動き続けるので、アプリ画面を閉じてもライトを点滅させられますが、間隔の調整はできません。

設定ボタン​をタップすると、各種ライトの表示/非表示などを設定することも可能です。ちなみにバックグラウンドで動き続けるので、アプリ画面を閉じてもライトは点灯したままです。

ライトのボタンを再度タップして消灯するか、バックグラウンドで動作中の場合はアプリを完全に終了させてください。

方法5:画面ライトアプリを使う

「全画面カラーライト」は、画面ライトに特化したアプリです。前述の「シンプルな懐中電灯」でも使える機能ですが、こちらはグラデーションで画面を点灯させられることが特徴で、ライブ会場や撮影用の照明として役立つでしょう。特別な権限を要求されることもありません。

アプリ「全画面カラーライト」をダウンロード

三角形のカラーピッカーとカラーホイールから好きな色を選択し、しばらく無操作で放置するか、何もない部分をタップするとカラーピッカーが非表示となり全画面で映し出されます。デフォルトだと最大輝度となっていますが、カラーピッカーの下にあるスライダーバーで輝度の調節が可能です。

ライトの点滅も可能

カラーピッカー上部には2つのスライダーバーがついています。白黒のスライダーバーを右側に動かすと黒色を混ぜて点滅させることができ、右端に近いほど点滅が早くなります。

虹色のスライダーバーを左右に動かすと、カラーホイールが回転してグラデーションで点灯。スライダーバーは右に動かすと時計回りで回転、左に動かすと反時計回りで回転し、スライダーバーが左右の端に近いほど点滅が早くなります。

また、輝度を調節するスライダーバーの横にあるボタンをタップすると、「画面タッチ無効モード」で点灯します。画面タッチ無効モード中にアプリを終了する際は、画面を下から上にスワイプしてナビゲーションバーを呼び出し、アプリ一覧から終了させてください。

ライトが付かない・消えない時の対処法

スマホのライトが付かなかったり、消えない時の対処法をまとめました。もし、これらの不具合に遭遇した時は以下の方法を試してみてください。

ライトが付かない時の対処法
  • 端末が重いときなど、動作が安定するのを待ってから再度ライトをつけてみる
  • 端末を再起動する
  • 端末のバッテリー残量を確認して少なければ充電する
  • 使用していないアプリをアプリ一覧から終了させる
  • カメラアプリが起動していないか確認し、カメラアプリを終了させてライトをつけてみる
  • OSのバージョンを確認、最新バージョンが配信されていたらアップデートする
ライトが消えない時の対処法
  • 端末が重いときなど、端末の動作が安定するのを待ってから再度ライトを消してみる
  • 端末を再起動する
  • カメラアプリといったライトを起動している可能性があるアプリを終了させる

ひと通り対処法を試しても一時的な改善であったり、まったく改善されないようであれば端末が故障している可能性も考えられます。スマホを購入したキャリアやメーカーに問い合わせをして、必要であれば修理に出しましょう。

検証バージョン
AQUOS sense6
Android
11
MacroDroid
Android
5.24.3
シンプルな懐中電灯
Android
5.6.1
全画面カラーライト
Android
1.4.0
EDITED BY
AO