Googleカレンダーアプリで複数アカウントの運用がより簡単に アクティブなアカウントアイコンが右上に表示

デスクトップ版ではすでにある機能

Googleは2021年12月14日(米国時間)、iOS版およびAndroid版のGoogleカレンダーアプリで、ログイン中のアカウントアイコンが確認できるようになったと発表しました。

Googleカレンダーアプリは、複数のGoogleアカウントで予定の管理ができたものの、現在ログインしているアカウントがどのGoogleアカウントなのか、という点が分かりづらい仕様になっていました。

Image

画面右上にアクティブなアカウントのプロフィールアイコンが表示される

今回のアップデートでは、スマホのGoogleカレンダーアプリでも、アクティブなアカウントのプロフィールアイコンが画面右上に表示されるようになります。プロフィールアイコンをタップすれば、簡単に他のアカウントとの切り替えが可能です。Google製のアプリでは、Gmailがスワイプアップ/ダウンによるアカウント切り替えに対応しています。ただ、今回のGoogleカレンダーのアップデートで、Gmailのようなスワイプでの切り替えに対応しているかどうかは明らかにされていません。

なお、プロフィールアイコンの表示はデスクトップ版ですでにサポートされていました。

本アップデートは、2021年12月14日(米国時間)からロールアウトが開始されており、Googleアカウントを持つすべてのユーザーが対象となります。アプリのアップデートなど、ユーザーが必要な操作は特にありません。ただしGoogleによると、プロフィールアイコンの表示機能の実装は、ロールアウトから15日以上かかる場合もあるとしています。

EDITED BY
TOKIWA