スマホをリモコン化する3つの方法、初心者でもわかる設定ガイド

iPhoneやAndroidスマホをリモコン代わりにしよう

iPhoneやAndroidスマホをリモコン代わりにして、テレビやエアコンといった家電を自由に操作できたらどんなに便利でしょう。さすがに「アプリひとつで」というわけにはいきませんが、環境さえ整えれば意外と簡単に実現できるものです。

本記事では、スマホをリモコン化する方法を3つ取り上げ、それぞれ用意するものや利用条件、設定手順などを詳しく解説します。初心者がつまづきやすいポイントを重点的に説明しているので参考にしてください。

最初に知っておきたい、アプリ単体でスマホをリモコン化できない理由

まず知っておきたいのが、スマホの「リモコン化」はアプリ1つで実現できるわけではないということ。

テレビやエアコン、照明といった家電は、赤外線方式のリモコン採用しているケースがほとんど。これらの家電は、赤外線以外(Wi-FiやBluetoothなど)での指示は基本的に受け付けません。

現状、iPhoneおよびほとんどのAndroidスマホには赤外線機能がついていないので、ただ単にアプリをインストールしたところで、テレビやエアコンなどの操作はできないのです。

AppストアやGoogle Playストアで提供されているのは、後述する「スマートリモコン」専用アプリと「スマート家電」専用アプリがほとんどです。いずれも動作条件があるので、アプリだけインストールしても意味がありません。

サードパーティ製でスマホのリモコン化を謳うアプリもいくつか提供されていますが、これらはXiaomiの「Redmiシリーズ」など、一部の赤外線機能付きのスマホでのみ使用できる仕様になっています。

なかには、広告動画だけ表示して正常に動作しない詐欺アプリもあるようなので、インストールする際は注意しなければなりません。

方法1:スマートリモコンを使う

先ほど述べたように、ほとんどのスマホには赤外線機能がついていないので、直接テレビやエアコンなどの操作はできません。しかし、その不可能を可能に変えてくれるのが「スマートリモコン」というツールです。

「スマートリモコン」とは、いわばスマホから送った指示を赤外線に変えて各家電に送ってくれる器械のこと。赤外線式リモコンに対応する家電であれば、スマホ1台でまとめて操作できるようになります。

テレビ、エアコン、照明、扇風機……と大量のリモコンを手元においておく必要がなくなりますし、いちいち専用リモコンを探す煩わしさからも開放されるでしょう。

また、個人的に最も魅力に感じるのが、外出先から家電の遠隔操作ができること。

エアコンの電源を付けっぱなしで出かけてしまったしても、気づいたときにすぐオフにできます。ちょっと工夫すれば、外出先からテレビ番組の録画をすることだって可能です。

超便利、スマホで外出先からエアコンを遠隔操作する方法

利用できる環境

スマートリモコンを使って操作できるのは「赤外線式のリモコンが付属されている家電」に限られます。赤外線以外の通信方式(RF方式など)を採用するリモコンや、そもそもリモコンで操作できない機器(スイッチ式の照明など)は対応していません。

また、スマートリモコンで家電を操作するには、付属のリモコンを使った初期設定が必須です。家電付属のリモコンが故障・紛失などで扱えない状況では、スマートリモコンを設定できません。「付属リモコンが壊れたから代替品としてスマートリモコンを買おう」と考えている人は注意してください。

用意するもの

自宅にWi-Fi環境があれば、用意するのは「スマートリモコン」だけでOKです。

「Nature Remo mini 2」手のひらサイズでコンパクトかつ軽量。部屋の中にあっても邪魔にならない

筆者が使用しているスマートリモコンは「Nature Remo mini 2(ネイチャーリモ ミニ2)」という製品。赤外線リモコンが付属している家電であれば、メーカーや型番、年代に関係なく使用できます。

使用してから1年ほど経ちますが、反応しなかったり、動作が遅れたりといったトラブルはほとんどありません。赤外線が届く範囲も広く(従来の2倍程度とのこと)、広めのリビングでも問題なく利用できています。

あらかじめ用意された家電プリセットが優秀なので、国内メーカー製の家電ならかなりスムーズに設定できるでしょう。Amazon売れ筋ランキングでも上位常連の人気商品で口コミも豊富です。ぜひチェックしてみてください。

設定する手順

ここからは、実際に「Nature Remo mini 2」を使ってスマホをリモコン化する方法を紹介します。

  1. Nature Remoを赤外線が届く距離に設置する

    まずは、Nature Remo mini 2の本体にケーブルを挿し込みます。ちなみに裏側には穴があり、ピンやホックで壁掛けができる仕様になっています。

    Nature Remo mini 2を電源に接続し、任意の場所に設置しましょう。

    備え付けのリモコンで操作できる距離で障害物を挟まない場所ならどこでも構いません。操作したい家電が複数ある場合は、それらすべてに赤外線が届くちょうどいい位置を探ってください。

    なお、ケーブルはUSB-Aタイプなのですが、電源に接続するためのACアダプタが同梱されていません。自宅にACアダプタがない場合は、別途用意する必要があります。

    エレコム USB コンセント充電器
  2. 専用アプリをスマホにインストールしてセットアップ

    アプリ「Nature Remo」をダウンロード

    上のボタンから「Nature Remo」アプリをスマホにインストールしましょう。

    「Nature Remo」アプリはiOS 12.0以降、Android 6.0以降で対応しています。これより前のバージョンを使っている人はOSアップデートが必要です。

    Androidスマホをアップデートする流れとやり方 初心者向けに解説 iPhoneでiOSをアップデート(バージョンアップ)する方法

    Nature Remoアプリを起動して「アカウントを作る」に進みます。利用規約を一読し、問題なければ[次へ]をタップ。

    アカウント登録のため、名前を入力します。「ようこそ!」と表示されたら、メールアドレスを入力しましょう。

    入力したメールアドレス宛にメールが送信されます。届いたメールを開き、[ログイン]ボタンをタップしてください。

    利用する国とモデルをそれぞれ選択します。

    Wi-Fiが届く位置に「Nature Remo mini2」があることを確認したら、[次へ]をタップ。

    「デバイスを検索中」と表示され、しばらくして「デバイスが見つかりました」という画面になったら[次へ]をタップしてください。

    自宅Wi-FiのSSDとパスワードを入力して[次へ]をタップ。Nature RemoがWi-Fiへの接続を試みます。

    最後に、デバイスにわかりやすい名前を付けたらセットアップ完了です。

  3. 備え付けのリモコンを使って家電を登録する

    セットアップが終了したら、家電備え付けのリモコンが発する赤外線をスマートリモコンに学習させます。今回はHITACHIのエアコン「白くまくん」を操作できるように設定します。

    「コントロール」タブを開いて[+]をタップし、メニューから「新しい家電を追加」を選択します。

    一覧から操作したい家電を選びます(ここでは「エアコン」を選択)。赤外線の受信待ち画面が表示されたら、付属のリモコンを取り出します。

    「Nature Remo mini2」に向かってリモコンのボタンを押します。エアコンの場合、「運転開始」ボタンもしくは「冷房」ボタンを押しましょう。

    リモコンで押したボタンの赤外線信号を元に、検出された家電が表示されます。電源のスイッチをタップして、家電が想定した動きをするか試してみてください。問題なく動作すれば[動きます]を押します。

    家電の情報を確認し、問題なければ[保存]をタップ。

    「コントロール」タブ任意の家電をタップすると、家電の各操作が可能になります。

方法2:スマート家電の専用アプリを使う

2つ目の方法は、いわゆる「スマート家電」を使うこと。もともとスマホと連携できるように設計されたスマート家電なら、赤外線通信うんぬん関係なく、メーカー提供の専用アプリを使って簡単にリモコン化できます。

スマート家電はエアコンや冷蔵庫などさまざまなものが販売されていますが、最も普及しているのは「スマートテレビ」でしょう。

シャープの「AQUOS TVリモコン」、ソニーの「Video & TV SideView」といったメーカー提供の専用アプリをはじめ、Android TV搭載のテレビなら「Googleテレビ」アプリで操作することも可能です。

利用できる環境

操作する対象が、スマホと連携できる「スマート家電」であることが必須です。

たとえば、インターネット機能が内蔵された「スマートテレビ」には、付属のリモコンに「Netflix」や「YouTube」各動画配信サービスのボタンが搭載されています。

用意するもの

自宅にスマート家電があるなら、後は各メーカーが提供するリモコンアプリをインストールするだけでOKです。

また、前述したようにAndroid TV搭載のテレビはメーカー・型番など関係なく「Googleテレビ」アプリで操作できます。

設定する手順

ここでは、一例として筆者自宅にあるシャープ製のスマートテレビ(AQUOS-4KTVJ17)をスマホで操作するときの設定方法を紹介します。

シャープの「AQUOS TVリモコン」アプリとAndroid TV用の「Googleテレビ」アプリでのやり方をそれぞれ紹介するので、自身の環境に合わせて手順を確認してください。

シャープ「AQUOS TVリモコン」でのやり方

まずは、AQUOSのスマートテレビで使える「AQUOS TVリモコン」の設定手順を紹介します。

  1. 「AQUOS TVリモコン」アプリをインストール

    あらかじめ、スマホとテレビが同じWi-Fiに接続されていることを確認しておきます。

    アプリ「AQUOS TVリモコン」をダウンロード

    「AQUOS TVリモコン」アプリをスマホにインストールします。

  2. 同じWi-Fiに接続中のテレビを検出する

    アプリを起動しアプリを始めるをタップ。利用規約が表示されるので、一読して問題なければ同意して次へをタップします。

    スマホと同じWi-Fiに接続されているAQUOSテレビが検出されます。間違いなければ、これをタップしましょう。

  3. アプリでテレビを操作してみる

    スマホ上にリモコン画面が表示されます。各ボタンをタップして、テレビを操作できるか確認してみてください。

「Google TV」アプリでのやり方

続いて、Android TVを搭載したテレビで使える「Google TV」アプリでのやり方を紹介します。

なお「Google TV」アプリで操作できるのは、あくまでAndroid TVが提供する範囲の動画視聴機能などです。地上波のチャンネル変更などには使えません。

  1. 「Googleテレビ」アプリをインストール

    あらかじめ、スマホとテレビが同じWi-Fiに接続されていることを確認しておきます。

    アプリ「Google TV」をダウンロード

    「Googleテレビ」アプリをスマホにインストールします。

  2. テレビとスマホを連携する

    アプリを起動したら、右下に表示されるテレビのリモコンボタンをタップ。デバイスの検出に関するアクセス許可権限が求められるので、許可を押します。

    同じWi-Fiに接続中のAndroid TV搭載テレビが表示されたら、これをタップします。

    テレビ上にペア設定コードが表示されます。これをスマホに入力しましょう。

    コードを入力できたら、ペア設定ボタンをタップ。これでペアリングが完了しました。

  3. アプリを使ってテレビを操作してみる

    中央の丸ボタンをスワイプすると上下左右に動かすことができ、丸ボタンのタップが決定の操作です。スマホを操作している感覚でAndroid TVを操作できます。

    キーボードを使って映画の名前や検索キーワードをすばやく入力できるほか、スマホ内蔵のマイクで音声検索も可能です。

方法3:赤外線機能を搭載したスマホを使う

赤外線機能が搭載されたスマホを使うのも手です。前述したスマートリモコンなどを用意せずとも、スマホから直接家電を操作できます。

iPhoneで赤外線搭載のモデルは存在しませんが、Androidスマホであれば2022年現在も赤外線搭載の機種は販売されています。

なかでも赤外線搭載の機種に力を入れているのが、Xiaomi(シャオミ)です。特にRedmiシリーズは、最新モデルをはじめ多くの機種に赤外線ブラスターが内蔵されており、専用のリモコンアプリを使って自宅のあらゆる家電を操作できます。

Redmi Note 11 Pro 5G

たとえば、2022年5月30日に発売された「Redmi Note 11 Pro 5G」にも赤外線ブラスターが付いています。また下位モデルの「Redmi Note 11」も同様です。

Redmiシリーズは1〜3万円台の手頃な価格のスマホを中心に展開しています。2台目のスマホとして手に入れるのもアリかもしれません。

Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5G
EDITED BY
MOEGI