iPhoneの画面が割れた時の修理・交換はどうする? 料金や予約、修理期間、バックアップ準備など

2016-12-25 17:41

iPhone;画面割れ

愛用中のiPhoneをうっかり落としてディスプレイに“ひび”が…。画面を割ってしまうリスクは常につきまといます。割れたまま使い続ける人もいますが、あまり印象は良くないですし、ガラスで指を怪我する恐れもあるので、早めに修理したいところです。

そこで本記事では、iPhoneの「画面割れ」をどこで修理すべきか、料金やかかる期間、保証、修理前のバックアップなどについて解説します。

※表記の金額は、特に記載のある場合以外は全て税別です。

iPhoneが故障した時の修理ガイド──予約から料金、修理期間、代替機、保証範囲の調べ方まで

iPhoneの画面が割れたらどこで修理できる?

iPhoneのディスプレイを修理できる場所は、「Apple Store」「Appleの正規サービスプロバイダ」「携帯キャリアの直営ショップ」「非正規の修理業者」があります。できるだけ安くて早いところに依頼したいものですが、それぞれメリット・デメリットがありますので順番に見ていきましょう。

Apple Store(アップルストア)

iPhone 画面割れ 修理

iPhoneの修理は、Appleストアで受け付けています。修理を依頼する方法は「持ち込み」と「配送」の2パターンがあります。

Appleストアに持ち込んで修理する

Appleストア店内にはサポートスタッフが常駐しており、操作の疑問や故障の相談を受け付けています。iPhoneを持ち込むと、修理が可能な場合は即日対応してくれます。

Appleストアへ行く時は、あらかじめサポートサービスの「Genius Bar」を予約しておきましょう。Genius Barは以下のページから予約できます。予約なしで駆け込んでも数時間待たされたり、その日の対応を断られる可能性があるので注意してください。

Apple - サポート

配送修理を依頼する

AppleのリペアセンターへiPhoneを送って、修理してもらうこともできます。近くにAppleストアや修理店がない人は特に重宝するでしょう。修理には5日ほどかかりますが、期間中は代替機を貸してくれるので、iPhone自体は継続して使用できます。

Apple正規サービスプロバイダ

Appleストアは全国に7店舗しかありませんが、それ以外にもAppleが認可した正規サービスプロバイダが修理を受け付けています。全国の家電量販店やケータイショップなどに設置されているので、自宅から近い店舗を探せます。修理費用は店舗によって若干異なりますが、Apple Care+ for iPhoneの保証サービス(後述)は受けられます。

iPhone 画面割れ 修理

全国のApple正規サービスプロバイダは以下のサイトで探せます。自宅から近い場所へ持ち込むとよいでしょう。Appleストアと同じように予約が可能です。

Apple - 場所を検索

キャリアショップ(au・ソフトバンク)

auまたはソフトバンクで回線契約をしているiPhoneなら、それぞれの一部直営ショップでも修理してくれます。修理期間中は代替機を貸してくれますが、機種は選択できません。なお、NTTドコモは2016年12月現在、ドコモショップ等でiPhoneの修理を受け付けていません。Appleストアや正規サービスプロバイダなどに依頼しましょう。

au

auでは直営ショップの「au SHINJUKU」(東京都新宿区)で修理を受け付けています。来店時は予約をしてから行くと、店頭での待ち時間が短くて済みます。修理期間は3~5営業日です。

iPhone/iPad修理受付店舗・来店予約 | au

ソフトバンク

ソフトバンクも「ソフトバンク表参道」(東京都渋谷区)と「ソフトバンクグランフロント大阪」(大阪府大阪市)の2店舗で店頭修理を受け付けています。修理期間はauと同じく、3~5営業日です。

iPhone/iPad 店頭修理サービス | ソフトバンク

非正規の修理店

Appleストアや正規サービスプロバイダ以外にも、iPhoneの修理・交換を受け付けているお店があります。最短数十分で修理できて費用も安く済む場合が多いなどのメリットがあります。店舗数も多いため、費用を抑えたい人やすぐに修理をしてほしい人には魅力的です。

ただし、値段や修理期間だけで判断して依頼すると、後悔することになる可能性もあります。まず非正規店で一度でも修理した場合、当該端末でAppleのサポートは以後受けられません。非正規店では交換する部品に純正品を使わない可能性が高いので、Appleストアに持ち込んでも保証対象外として扱われ、修理費用が割高になったり、機種自体の買い替えを勧められたりすることがあります。

ちなみに、ネットオークションには多くの中古iPhoneが出品されています。一見きれいでも、使われている部品が純正品ではない可能性があるので注意しましょう。入札時に見極めるのはほぼ不可能です。安易に手を出してAppleのサポートが受けられなくても、泣き寝入りするしかありません。

損傷が進む前にバックアップをとる

スマホを落としたりぶつけたりすると、ディスプレイが割れるだけでなく、内部の部品やボタンに異常が出る可能性があります。画面が割れたままで使えていても、いつの間にかディスプレイをタッチしても反応しなくなったり、データやアプリの一部に不具合が出たりする恐れもあるので、損傷が進む前にバックアップを早めに取得しておきたいところです。

iPhone 画面割れ 修理

iTunesやiCloudを利用してiPhoneのバックアップを取得

正規店へ修理に持ち込む際は、部品交換時にiPhoneを初期化するため、可能なら事前にバックアップをとりましょう。逆に、非正規店では初期化をしない店舗がほとんどです。そのぶん修理時間が短くて済みますし、破損でiPhoneが起動しなくなってしまってバックアップがとれないような時は助かります。しかし、万が一データが消えてしまっても、保証はされない店舗が多くなっています。

なお、単純な画面割れだと思って持ち込んでも、精査の結果、端末自体の交換になる可能性もあります。その際も、データのバックアップがとれていれば、交換した新しいiPhoneにバックアップしたデータを復元できます。バックアップと復元の手順は下記の記事を参照してください。

iPhoneを初期化して復元する方法、iTunes/iCloudバックアップも解説

画面割れの修理にかかる料金は?

修理にかかる料金の体系は「Appleストア・正規サービスプロバイダ・キャリアショップ」と「非正規店」に分けて整理できます。またAppleやキャリアでは、修理料金が割引される保証プログラムや修理代金を後で補償してくれるサービスが用意されているので、それらへの加入の有無による料金の違いも解説します。

Appleストア・正規サービスプロバイダ・キャリア利用時

AppleCare+ for iPhoneに「加入していない」場合

保証プログラムに加入していない場合の修理代金は以下の通りです。Apple正規サービスプロバイダは若干料金が異なる店舗もあるようですが、ビッグカメラやカメラのキタムラなどはAppleストアと同じ値段です。auやソフトバンク店頭でも同一料金で修理できます。

AppleCare+ for iPhoneに非加入
画面のみ 画面およびその他の損傷
iPhone 7 Plus 1万4800円 3万4800円
iPhone 6 Plus/6s Plus 3万3000円
iPhone 7 1万2800円 3万2000円
iPhone 6/6s 3万円
iPhone SE/5s/5c/5 2万6800円

AppleCare+ for iPhoneに「加入している」場合

iPhone購入時にAppleの保証プログラム「AppleCare+ for iPhone」に加入していると、最大2回まで修理にかかる費用は安くなります。iPhone購入日から2年間有効な保証プログラムが付き、画面のみの修理であれば3400円で受けられます。さらに、落下の衝撃で内部の部品に損傷が生じるなどして端末自体の交換になった場合も、1万1800円で対応してくれます。

AppleCare+ for iPhoneに加入済み
画面のみ 画面およびその他の損傷
iPhone 7 Plus 3400円 1万1800円
iPhone 6 Plus/6s Plus
iPhone 7
iPhone 6/6s
iPhone SE/5s/5c/5

なお、自分のiPhoneにAppleCare+ for iPhoneが適用されているかどうかは、以下のページで端末のシリアルナンバーを入力して確認できます。

保証状況とサービス期間を確認する - Apple サポート

キャリアの補償サービス加入時

auやドコモ、ソフトバンクの各キャリアでも、iPhoneの修理に使える補償サービスが用意されています。

iPhone 画面割れ 修理

auスマートパスによる修理代金サポート

auでは、iPhone購入時に月額372円の「auスマートパス」へ加入していると、iPhoneの修理をした際に最大1万円分の修理代金が返金されます。Apple Care+ for iPhoneに加入していない状態で画面の修理をすると、iPhone 7なら1万2800円かかりますが、1万円分の返金があれば実質2800円で交換可能というわけです。

iPhone 修理代金サポート|auスマートパス

またソフトバンクでは、「あんしん保証パック(i)プラス」というサービスがあります。iPhone 7/7 Plusで月750円、それ以外の機種で月650円を支払えば、修理代金が90%前後割り引きになります。iPhone 7の画面割れなら、90%引きの2400円(税込)で受けられます。端末交換も同じく90%割引で5800円(税込)になります。それぞれの割引率は以下を参照してください。

あんしん保証パック(i)プラス | ソフトバンク

ドコモは直営ショップでの修理は受け付けていませんが、補償プログラムは用意しています。

「ケータイ補償サービス for iPhone & iPad」に加入していると、1年に2回まで破損や全損による交換などが1万1000円(iPhone SE、6、6 Plus、5s、5cは7500円)でおこなえます。ただし画面割れを修理する場合は、Apple Care+ for iPhoneなどのほうが安価。サービス料はiPhone 7、7 Plus、6s、6s Plusが月750円、iPhone SE、6、6 Plus、5sが月600円、5cが月550円です。

ケータイ補償サービス for iPhone & iPad | NTTドコモ

非正規の修理店を利用する場合

非正規の修理店は店舗によって異なりますが、画面割れであれば概ね5000~6000円前後と格安で対応してくれる店舗が多いようです。他に水没やバッテリー交換など故障部位によって細かく料金が設定されているので、必要に応じて見積もりをお願いしてみましょう。

まとめ(比較表あり)

4箇所の修理スポットを紹介しました。それぞれの価格や修理期間、メリット・デメリットなどをあらためてチェックしてみましょう。

※表は5列あります。見切れている場合は横スクロールできます。

修理店 費用 修理期間 メリット デメリット
Appleストア
  • Apple Care+ for iPhone非加入時は1万2800円から
  • Apple Care + for iPhone加入時は3400円から
即日対応(その場での対応が難しい場合はリペアセンターに配送して5日程度で修理)
  • 事前に予約して修理が受けられる
  • 料金体系が明確
  • その場で修理できない時は対応に多少日数がかかる
  • 店舗で多少待たされることも
  • 非正規店に比べると割高な傾向
正規サービスプロバイダ
  • 店舗によって異なるがAppleストアとほぼ同じ料金体系
  • Apple Care+ for iPhoneも適用可能
キャリアショップ (au、ソフトバンク)
  • 保証プログラム未加入時はAppleストアと同じ料金体系
  • 各社独自の補償サービスに加入していればApple Care + for iPhone加入時と同程度の保証が受けられる
3~5営業日
非正規の修理店 5000~6000円前後 最短20分前後~
  • 修理金額が正規店に比べて安い傾向
  • その場で短時間で修理してくれる
  • 以後、正規店での修理が受けられない
  • メーカー保証が受けられなくなる可能性

Appleストアや正規サービスプロバイダなどは、保証サービスに未加入だと非正規店に比べて多少割高で、修理に時間がかかります。非正規店で修理をしても、ふだん使用しているぶんには純正品かどうかを意識することはあまりないかもしれません。しかし、Appleのサポートは受けられなくなるので、今後も同じ機種を長く使うつもりであれば、よく検討してから利用しましょう。

自分の予算や使い方と相談して、最適な場所を選んでください。

構成・文:藤原達矢

編集:アプリオ編集部

アプリ「Apple Store」をダウンロード
Apple Store